日本が率いるチームがコロナ19のケースがどれほど深刻かを確認します。

1 min read

日本の研究チームは、コロナ19感染がどのように血管や血栓に炎症を起こし、深刻なコロナ19症例を発生させることができるかを究明したと明らかにした。

重症の場合、体全体の血管に血栓が形成され、多発性臓器不全を引き起こします。

大阪大学、東京医科歯科大学、武田製薬など研究陣が参加した研究チームは誘導万能幹細胞(iPS)で作った血管組織を利用してそのメカニズムを究明した。

金曜日の米国ジャーナルであるCell Stem Cellに掲載された研究結果は、深刻なコロナ19合併症を予防する薬物開発を促進すると期待される。

大阪大学の竹部隆織教授らの研究チームは、ヒトiPS細胞で直径約1mmの血管オルガノイド(血管オルガノイド)、すなわち小型組織を製作してウイルスに感染させることに成功した。

感染した組織をマウスに移植した後、血栓が形成され、該当疾患の症状を再現することに成功した。

また、感染後遺伝子の機能を総合的に調べたところ、免疫反応を支えるいわゆるCFD因子が活性化されたことが示された。

研究チームはサルを対象とした実験で、この因子を抑制する薬物を投与すると免疫反応が弱くなり、血管炎症や血栓形成が抑制されることを確認した。

Takebeは「オルガノイドを活用することで、血管炎症の詳細なメカニズムを理解し、感染性疾患の研究を促進できるようになりました」と述べました。 「CFDを目指すことで、重病にかかった人々を診断して治療する可能性も開くことができます」

READ  調査:強化された防衛に対する支持は依然として高い
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours