日本が目撃の「ホットスポット」として知られ、UFOの調査を開始

1 min read

ビデオ: 国防省AP)

昨年、米国防総省が発表した報告書で、日本を奇妙な空中目撃の「ホットスポット」と命名した後、日本はUFO調査のためのタスクフォースを構成しました。

CBS レポート 問題のそのグループは、 既知のもの 正式には、安全保障指向の国家安全保障のための未確認の空中現象解明連盟が最近活動を始めました。 それ 去る5月に発表されました。、元日本国防官僚を含む数多くの国会の上級官僚で構成されています。 しかし、そのグループは、エイリアンの証拠を見つけることには大幅に没頭していないようです。 CBSは、この組織に関連する管理者たちは、UFOが実際に「監視ドローンまたは武器」である可能性があると述べたと報じた。

この団体の著名なメンバーの一人である浅川義春は、UFOが一般的に「不思議な問題」とみなされてきたが、実際には「最先端の秘密の武器や偽装偵察ドローン」である可能性があると述べた. CBSは「私たちの国家安全保障に重大な脅威になる」と報道した。

米国国防部傘下の名無し機関である全領域異常解決局(AARO)が昨年発表した報告書で、日本は説明できない空中活動のハブとして確認された。 それ以来、国はこの現象を調査することにますます興味を持っています。

日本の努力は、近年、米国や他の西側諸国が行った同様の努力を反映しています。 昨夏、米国議会は注目すべきイベントを開催しました。 公聴会 UFOについて、いくつかの元政府官僚が政府が隠蔽したと主張した。 新たに合格した法案は、米国国立文書保管所に次のことを強制します。 すべての政府文書の収集 UFOに関する内容を公開し、公開調査を行います。

日本の幸運を祈ります。 しかし、UFOのテーマが長い間周りにあり、人々がその問題の真実を明らかにするために努力してきたということは注目に値します。 今、誰かが深刻な進歩を遂げると信じるのは難しいです。

READ  日本、コビッド・ヒット・タイとの8強進出サッカーニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours