経済

日本が経済を扶養し、被害を受けた部門を救出するために、Go To Travelが戻ってくる予定です。

全国的なCOVID-19事例が昨年以降見られなかった最低水準を維持しつつ、政府が経済を活性化するための政策を復元しており、これはGo To Travelキャンペーンの復帰を意味する可能性があります。

政府は昨年1月や2月の再開を目標に昨年導入されたが、感染が急増して数ヶ月ぶりに中断されたプログラムをいつ、どのように再開するか詳細を現在調整中だ。

斎藤哲夫観光産業賞は火曜日「特に観光業界で多くの要請を受けたため、細部事項を研究し続け、すぐに再開できることを希望する」と話した。

NS Go To Travel キャンペーン 昨年7月に初めてスタートし、伝染病で荒廃した観光需要を刺激するために1兆3500億円という莫大な予算で支えられました。 指定の旅行代理店を通じて旅行商品を購入した場合、旅行経費の半分(宿泊、交通費の35%割引、残りの15%相当の旅行期間中にショップやレストランで利用できる特別クーポン)をサポートしました。 または指定されたホテルで予約しました。

旅行者は宿泊あたり最大20,000円(14,000円割引および6,000円券)を受け取ることができました。 当日旅行の場合、最大10,000円(割引7,000円、商品券3,000円)です。

しかし政府は12月、コロナ19の確定者が急増するとプログラムを中断した。

現在、岸田文夫首相は割引を減らし、感染予防措置を強化する改訂されたGo To Travelキャンペーンを検討しています。

新しいプラン草案によると、宿泊あたりの最大割引金額は総費用の30%で、最大割引金額は14,000円から10,000円に引き下げられます。 当日旅行の場合、最大3,000円まで割引となります。

バウチャーは平日3,000円、週末1,000円に制限され、需要が週末に大きく集中しないように平日旅行を奨励します。

政府は、感染リスクを軽減するために、旅行者に予防接種証明書を提供するか、または音声COVID-19テストを提出するように要求する予定です。

キャンペーンの再開は、打撃を受けた観光産業に薄暗い希望を提供することができますが、実際に旅行の需要と消費をどれだけ活性化させるかを考えてください。

一部の経済学者は、Go To Travelプログラムが昨年に大きな経済的影響を与えたと述べています。

Dai-Ichi Life Research InstituteのチーフエコノミストであるHideo Kumanoは、次のように述べています。 昨年12月の報告 キャンペーンは7月から12月まで消費を1兆4600億円増加させた。 彼は報告書でファンデミック(世界的大流行)により昨年の消費が減少したことを考えると、この数値がかなりの影響を及ぼしたと述べた。

しかし、一部の専門家は、補助金プログラムが競技扶養にどの程度役立つか正確に見積もることが難しいと言い、本当に旅行をしたい人はキャンペーンなしで旅行をし、感染の危険がある人は旅行を離れる可能性が低いという。 割引を受けても旅行してください。

キャンペーン再開の可否はまだ決定されていないが、多数の都道府県や地方自治体で地域旅行者を中心に自社割引プログラムを導入している。

しかし、COVID-19のケースが低い状況では、一部の県政府は日本の他の地域からの訪問者に割引を提供し始めることがあります。

例えば、千葉県政府はすでに 宝くじキャッシュバックプログラム 全国どこでも誰でも可能です。 旅行者は、県内指定ホテルで宿泊あたり5,000円の現金または割引を受けることができます。

京都の情報が追加されました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  景気回復期待で東京株式市場の上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close