トップニュース

日本が緊急事態で抜けていく重量のために、東京地域COVID-19数が増加しています。

東京大都市地域のコロナウイルスの事例が急増する兆しを見せていると田村狙う久保健大臣は金曜日に緊急事態が3月21日に予定通り解除することができているかについての質問を提起した。

埼玉県、千葉県、神奈川県は、新たな事例が「東京ではもう落ちないか、またはより高くなった」と金曜日の記者会見で語った。

レストランやバーの営業時間の短縮などの制限により、東京の新たな事例が1月7日最高2,520件の約10分の1に減少しました。 しかし、その数値は、東京政府が7日を持ってくるというYuriko Koikeの目標とは、距離が遠いです。 全州の平均70%。

小池は金曜日医療専門家との会議で「新しい陽性事例の数が減少することを止まり、我々は突然変異菌株による回復の可能性について非常に警戒しなければならない」と述べた。

東京の7日の平均新規事例は、2月末から200台半ばで最高レベルに滞在し、金曜日の3日連続、毎日集計は300台を超えました。

東京と残りの国は、7月23日に開始される夏季オリンピックの開催を準備しながら、コロナウイルスの事例を制御するために競争しています。 全体的に、日本は約445,000件のコロナウイルスの例と8,500人の死者を記録した。

中央政府は、予定通り、東京地区の第二のコロナウイルスの状態を解除するかどうかについては、次の週初めの本格的な調査を開始します。

政府は来週末コロナウイルスタスクフォース会議で決定を下し、進行中の危機に関連するさまざまな問題を評価することです。

しかし、東京と近隣埼玉県、千葉県、神奈川県の状況は、政府が緊急に解消することができるレベルに改善されました。

木曜日現在内閣事務局のデータによると、4つの県のCOVID-19患者の病状のシェアは全国の流行警報基準で最悪の水準である4段階基準以下に継続的に維持されています。

緊急事態は、1月に発令され、4つの県のみを対象としており、その月の末には大阪、愛知、福岡など7つの県に拡大した。 この法案は、二回延長されており、現在では、元の4つの県にのみ適用されます。

政府が3月21日までの2週間、東京大都市の緊急事態を第二の拡大したとき、「3段階に比べて針状のシェアが低くなるように保証」する目標を立てました。 警告規模。

政府筋は、その目標に到達して、3月21日の緊急事態の結論を単に「もちろん問題だ」と述べた。

しかし、空港のチェックを介して発見されたものを含めてコロナウイルスの亜種による累積感染件数は、全国的に300個を超えた関西地域でこのような事例が増加している兆候があります。

政府のCOVID-19諮問パネル責任者であるShigeru Omiは「元のウイルスを代替する突然変異菌株の過程が確実に開始され、亜種は、近い将来主流になるだろう」と言いました。

国の現在の対応策としては、4次感染を防ぐことができないだろうグァンチュクトンは言います。 この亜種は、元のウイルスよりも感染があると信じています。 フィリピンでの旅行者からの別の新しい亜種が発見された当局は金曜日報道した。

また、首都圏の主要な商業地域の通行量が増加し始めた菅義偉首相は、金曜日の人に不必要な食事と外出を控えることを改めて促した。

政府が計画通り緊急事態を解除しても飲食店に営業時間の短縮を続けることを要求する。

また、政府は、ウイルスの再発するかどうかを迅速に把握するために、感染されたが、症状がない人を対象に検査を実施して伝播経路を追跡するための疫学調査を実施する予定です。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  国内で新たに3263人の感染・死亡者56人、一緒に最多を更新 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close