トップニュース

日本が緊急解除後も、いくつかのCOVID-19の措置が残っていることがあります

政府のスポークスマンは、土曜日、東京、大阪、その他の8つの県でCOVID-19緊急事態が6月20日予定通り解除されてもコロナウイルスのいくつかの制限措置が維持されることができると言いました。

加藤甲信閣僚はTV番組で、政府が緊急事態を準備上の措置に縮小することができ、これにより、地方当局は、レストランを早期閉鎖するように要請するなどの制限を加えることができると述べた。

彼の発言は、政府が9つの県の緊急宣言と5つの県の準備上の措置を3週間延長してから一日にすることもでオリンピックが始まる月余りである6月20日まで出てきた。 沖縄では、すでに緊急事態がその日まで有効になっていました。

加藤は「重要なことは、ウイルスの拡散を効果的に抑制する方法」とは、政府が緊急事態が終わった後でも、準緊急措置を含む感染状況を改善する方法を検討すると付け加えた。 。

同じTV番組でCOVID-19の政府諮問パネルを兼任している日本医師会聡窯谷内氏は、パネルが国家解除を検討する前に、感染状況の明確な減少傾向を確認したいと述べた。 緊急。

日本は伝染性の高い亜種急増触発された第4回コロナウイルス感染と格闘しつつ、すでに長期間の流行により、緊張医療サービスの深刻なプレッシャーをかけています。

県知事は土曜日の会議で菅義偉首相の政府が、インドで最初に発見された感染性が高い亜種のテスト能力を強化することを促すことにしました。

すぐに政府に提出される一連の提案では、全国知事会はまた、予防接種後速やかに基底な健康状態を持つ人々に接種を開始するために、地方自治団体のCOVID-19ワクチンの配布の詳細スケジュールを要請する予定です。 高齢者のために完成しました。

国は、ワクチン発売で、他の先進国よりもはるかに遅れています。 シュガーは7月の終わりまでに、高齢者の接種を終えたいと決意した。

予防接種プログラムは、2月に医療従事者とともに開始され、後に65歳以上に拡大したが、全国の居住者の6%だけが少なくとも1回接種を受けました。

オンライン会議で多くの州知事がCOVID-19ワクチンを投与することができる医療スタッフの不足に懸念を表明しました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  宮崎大輔氏釈放」世間を騒がせて申し訳ない」(2020年11月4日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close