技術

日本が資金を供給するNSCR鉄道車両の最初の展開が公開されました。

小川和彦(Koshikawa Kazuhiko)日本大使は3月18日、日本が資金を支援する南北通勤鉄道(NSCR)プロジェクトの最初の鉄道車両製膜式にアーサー・トゥガデ(Arthur Tugade)交通長官と共に参加した。

列車セットは、エネルギー効率が高く安定した列車を使用する最先端の日本鉄道技術を使用しています。

日本国際協力機構(JICA)を通じて日本政府が資金を支援する38km鉄道の最初の鉄道車両は、住友株式会社と日本トランスポートエンジニアリングカンパニー(J-TREC)NSCR Malolos-Tutubanセグメント用。 この列車セットは、エネルギー効率が高く安定した列車を使用する最先端の日本鉄道技術を使用しています。

小川大使は「[The] このNSCR鉄道車両の開示は、当社の鉄道協力のバナーパフォーマンスの1つであり、当社の共同鉄道プロジェクトは、感染症後の経済活性化をリードするようです。 交通渋滞を軽減し、効率的な交通を提供することで、NSCRは改善されたビジネス環境につながります。」

小川和彦日本大使(左)とアーサーツガデ交通長官(中央)

小川和彦日本大使(左)とアーサーツガデ交通長官(中央)

大使はまた、「我々は、NSCRや他のすべての鉄道プロジェクトの成功を完了するために継続的な支援を約束する」と確信した。

NSCR は、フィリピン政府の「Build, Build, Build」プログラムに基づき、日本が支援する主要インフラプロジェクトの一つです。 NSCRは約300,000人の乗客にサービスを提供し、BulacanのMalolosからマニラのTutubanまでの移動時間を現在90分から35分に短縮することが期待されています。


READ  現実の世界を模倣したフライトゲーム「Microsoft Flight Simulator」から「巨大な亀裂」が目撃される。 鳥肌も深淵の正体| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close