日本が革新的な6Gプロトタイプデバイスを公開

Estimated read time 1 min read

日本の主要通信社コンソーシアムが最先端の6Gプロトタイプ装置を発売し、世界を驚かせました。

DOCOMO、NTT Corporation、NEC Corporation、富士通など、業界の巨大企業で構成されたコンソーシアムが力を合わせ、この驚くべき成果を達成しました。

これらの共同努力により、無線通信の限界を超えるプロトタイプ装置が誕生しました。

6Gプロトタイプデバイスは、300フィートを超える距離で毎秒100ギガビット(Gbps)という驚くべき速度に達する前例のないデータ転送速度を披露します。

従来の5G技術よりも速度が20倍速くなり、新しい接続時代を開きました。

コンソーシアムが実施したテストでは、さまざまな環境でシームレスな高速データ転送を提供できるデバイスの驚くべき可能性が明らかになりました。

プロトタイプは、室内で100GHzの周波数帯域を活用し、屋外で300GHz帯を活用して100Gbpsの速度を達成する能力を実証しました。

もっと読む

アップル、米国製5G技術に数十億ドルを投資

専門家は人工知能の重要性を強調する

ウィーン会議、AI武器規制を促す

このプロトタイプは現在実験段階にあり、まだ商業化する準備ができていません。

6G技術への移行は、それ自体で一連の課題と考慮事項を提示します。

5G技術は現在、理論上最大10Gbpsの高速接続のベンチマークとして機能しています。

しかしながら、ユーザが経験する実際の速度は、これらの可能性に及ばないことが多い。

5Gネットワ​​ークで使用されるより高い周波数帯域などの要因は、範囲の減少、障害物通過制限などの制限により、速度が遅くなるのに寄与する。

6G技術は、より高い周波数帯域を活用してこれらの制限を克服することを目的としています。

READ  日本株、米国債の利回り上昇に早期上昇を反転
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours