日本が2027 ADB会議入札を発表

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
鈴木純一財務長官が去る金曜日、トビリシで記者会見をしている。

ジョージア州トビリシ(支持プレス) – 日曜日の鈴木純一日本財務長官は、2027年に日本で第60回アジア開発銀行年次総会を開催するための入札を発表しました。

スズキはジョージア首都トビリシで開かれた今年のADB年次会の最後の日の演説でこのように明らかにした。

また、日本は、ADBの低所得加盟国に支援を提供するアジア開発基金に約1,620億円を寄付すると述べた。

日本は2017年、東京近くの横浜でADB年次総会を最後に開催した。

鈴木は「ADBが地域繁栄に引き続き重要な役割を果たすことを望み、(2027年の会議を)日本で開催したい」と話した。

今年の年次会議では、参加者はADFの財源を確保するために4年ごとに議論をしました。

今回は2025年から4年間で合計50億ドルを確保することで合意し、その半分はADB加盟国が負担することにした。 1,620億円の公約により、日本は加盟国の中で最大の貢献者となります。

次の年次会議は2025年5月にイタリアのミラノで開かれる予定だ。

READ  乗客を誘致するためのアイデアを夢見る新幹線運営者
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours