日本がFIFAワールドカップを開催するために国立競技場を拡大する計画

1 min read

もう一つのFIFAワールドカップを開催しようとする日本の目標は、東京国立競技場の座席を80,000席に増やそうとする計画に拍車をかけたと、この問題に精通した消息筋が土曜日に語りました。

国内最大の移動通信会社であるNTTドコモ(NTT Docomo Inc.)は、来年4月に民営化すればスタジアムの運営を主導する予定で、現在約68,000席を収容できるスタジアムにスタジアムの横に座席を追加する計画を明らかにした。

2019年12月15日に撮影したファイル写真は東京国立競技場を見せる。 (刑務所)

東京オリンピックとパラリンピックのメインスタジアムは、試合後にサッカーとラグビー専用スタジアムに改装される予定でしたが、政策変更により陸上トラックと元々の収容能力はそのまま維持されました。

NTTドコモは「一部臨時座席を含め、ワールドカップに必要な座席数を設ける計画」と話した。

2002年6月に撮影された資料写真には、2002年横浜ワールドカップドイツとの決勝戦で先制ゴールを入れた後、歓呼する元ブラジル攻撃者ロナウド(中央)の姿が込められている。 (刑務所)

日本サッカー協会は、2002年韓国と共同で大会を開催して以来、2050年まで単独開催国としてワールドカップを開催するという長期計画を持っています。

現在、FIFAは2034年のワールドカップのメインスタジアムが開幕戦と決勝戦のために80,000人を収容するように求めています。 また、60,000席規模の準決勝競技場も義務化します。

NTTドコモは、日本最大規模の一つになると予想される大型スクリーンの設置も検討しています。

3つの団体が競技場私有化案を提案し、6月3日日本スポーツ協議会はNTTドコモ、サッカーJリーグ、建設会社前田、不動産業者SMFLミライパートナーズが含まれた団体を優先候補に選定した。 各入札者の運営計画及び費用等を検討した上で入札に参加します。

政府は年間費用で最大10億円(620万ドル)を負担すると提案したが、入札者の誰も公的資金を要求しなかった。 落札者は30年の運営許可に528億円を提示し、収益を出すことを約束しました。


関連プレス:

サッカー:元日本主張の宮本が理事会の議長になる


READ  「未来から来たはがき」
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours