トップニュース

日本がHPVワクチンの宣伝を再開した後、深刻な安全問題が報告されない





このファイルの写真には、厚生労働省のある東京ガス見関地区の政府庁舎があります。 (毎日/竹内きみ)

日本厚生部パネルは6月10日、日本当局が今年4月接種を積極的に再開して以来、最初の評価で人乳頭腫ウイルス(HPV)ワクチンに「深刻な安全性問題がない」と明らかにした。

専門家パネルは、政府が再び広報する前と比較して、人乳頭腫ウイルスワクチンの副作用を示唆する報告頻度が増加せず、下した結論だ。

パネルは、ワクチンの広報が再開された今年1月から4月まで、医療機関の副作用の疑い申告を評価した。 子宮頸がんのほとんどは、人乳頭腫ウイルスによるものです。 4種のウイルスを予防する人乳頭腫ウイルスワクチンガダシルの場合、副作用の疑い事例が17件(頻度0.0072%)であった。 パネルは、この数値が0.0209%の事前プロモーション頻度と比較したとき、「例外的に高くはない」と述べた。 2種類のウイルスから保護するCervarixの副作用報告はありませんでした。

2013年4月、小学校6年生から高校1年生まで女児を対象に無料予防接種を行うプログラムを開始した。 しかし直後、全身の痛みなどの症状が報告され、保健省は当該ワクチンに対する積極的な広報を中断した。 6月。

委員会は、2022年1月にHPVワクチンの広報再開後6ヶ月間の安全性評価(通常3ヶ月に1回)を月1回実施することを決定した。

(日本語原文:キム・スリョン、ライフスタイルおよび医療ニュース部門)

READ  日本の厳しい旅行禁止は混乱を引き起こします

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close