日本で「ウクライナ人には未来がある」という心理的応急処置

Estimated read time 1 min read

マリアがウクライナ東部を離れて東京に出発してから数ヶ月が経ちました。 日本では、彼女は身体的安全と日常を求めていましたが、感情的、精神的幸福が時々彼女を逃げました。

「ウクライナの親戚が私と他の日常生活をしているという考えに慣れるのは難しいです」と彼女は言います。 「私の心配は、今や爆弾や航空機ではなく、再び通常の生活に切り替えることは困難です」

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

READ  救護-安全保障関係 – 外交官
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours