日本で「寿司テロ」いたずら3人逮捕

1 min read

現地警察は木曜日(3月9日)AFPに愛知中部地域で3人が逮捕されたと述べた。

警察のスポークスマンは、21歳の吉野良家と名前が明らかにされていない15歳の少女が水曜日に逮捕され、グループの3番目のメンバーである19歳の男性も、身元が公開されていないまま先月逮捕されたと述べた。

検挙は清潔度が高いことで有名な日本で騒動を起こした最初の事件とされる。

警察の広報担当者はグループの酷い行為でクラス市職員が緊急清掃をするよう強要し、「正常な事業運営が難しくなった」と付け加えた。

まだ疑いが提起されていませんが、「強制的な業務妨害」は、日本の法律に基づき、3年の懲役刑を含む厳しい処罰を受けることができます。

日本に500店近くの店舗を置くクラス市を運営する会社は、声明を通じて逮捕を歓迎しました。

会社側は「今回の検挙を通じて顧客との信頼関係をもとにした当社システムを根本的に毀損するこのようないたずらが犯罪だという認識が社会に広く広がることを心から願う」とし「今後これ以上の模倣行為はないだろう」と言った。

一連の出来事の影響を受けた他のチェーン店の中には、先月の店舗の1か所で、10代のお客様がシェア醤油瓶の上部をなめるビデオが出た後、株価が暴落した寿司があります。

当時の日本のツイッターユーザーは「嫌なこと」とし「もはやコンベアベルト寿司レストランに行けない」と付け加えた。

READ  中国、日本の水放出計画を批判
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours