スポーツ

日本で「沈没」後26名搭乗クルーズ船が行方不明

日本北海道知床半島(刑務所/ロイター提供)

26人が乗っていたクルーズ船が救助要請をして水に入ってから7時間以上行方不明になったと日本海岸警備隊が明らかにした。

現在まで生存者は見つからなかったと付け加えた。

カズ1号は、現地時間に早い午後に遭難電話をかけて船頭が浸水し、北海道北部知床半島西海岸で沈んで傾き始めたと海警が伝えた。

ボートは後で連絡が切れました。

乗客24人と乗務員2人が乗っていた。

ガズ1号クルーズ船が行方不明の漁港(AP)

ガズ1号クルーズ船が行方不明の漁港(AP)

地域水協によると、昼12時頃、この地域で高い波と強い風が観測された。

日本のマスコミは、悪天候のため漁船が正午以前に港に戻ったと伝えた。

NHK公共放送は、最大9フィートの高さの高い波に対する警告があったと述べた。

船舶運営者のShiretoko Pleasure Cruiseの関係者は、心配する乗客家族の電話に応答しなければならないため、言及できないと述べた。

運営者のウェブサイトによると、ツアーは約3時間かかり、クジラ、イルカ、ヒグマなどの動物や自然を含む半島西海岸の美しい景色を提供しています。

READ  ホンダのF1撤退はフェルースタトペᆫレッドブル離脱に連鎖?[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close