日本でしか起こらないこと専門家の見解

1 min read

そのため、東京西部地域の国立には富士見通り(富士山が見える街)という距離があります。 その上には、グランドメゾン富士みどり(Grand Maison Fujimidori)という建物が建設されていました。 ところで、突然開発者である関水ハウスが7月譲渡予定だった建物の仕上げ作業をする代わりに建物を撤去すると発表しました! しかし、なぜ? まさにその有名な街から近づく建物が富士山の眺めを隠していました。 関水家は工事が進み、建物が景観に与える実質的な影響を確認し、「富士みどりの展望を優先視することに決め、自発的に工事を取り消すことになった」と明らかにした。 そんなことは日本でしか起こらない。

今後の話に進みます。 すでに富士みどりの近くに住んでいた多くの住民は、提案されたマンションが尊敬されている山々の素晴らしい景色と命名された通りの風景に及ぼす悪影響について満足していませんでした。 関水ハウスが2021年2月プロジェクトを発表した直後、地域住民の不満があふれ始めました。 これに対して、同年9月、関水ハウスは建物の青写真を修正し、もともと計画された11階の建物で縮小すると明らかにしました。 高さは36.09メートル(118.41フィート)で、10階まで32.7メートルです。 しかし、地域住民は追加の削減を求めた。 しかし2022年1月、関水ハウスは建物の寸法が確定したと明らかにした。 その年11月、国立政府から開発計画が承認され、2023年1月に着工された。

WhatsAppで私たちに接続するにはここをクリック

今月初め、関水家は反転顔をした。 国立政府に「景観を含め周辺地域への影響を十分に考慮しなかった」とし、住民が入居していないグランドメゾン富士みどりを撤去すると通知した。 うわー!

このようなことは世界のどこでも起きていないだろう。 アメリカではそうではありません。 ビッグアップルにはありません。 鉛筆のように薄い860フィートの高さの建物は、実際にはLower Fifth Avenueから眺めるエンパイアステートの景色を妨げます。 262 Fifth Avenueと呼ばれます。 Meganomというロシアの会社によって設計されたこの建物は、56階に26のアパートメントのみが含まれています。 すべての意図と目的のために、新しい建物はかつて世界で最も高い建物でした。

ニューヨークには法的に指定された「展望台」が1つだけです。 ブルックリンハイツ遊歩道からイースト川を横切るロアマンハッタンの景色です。 1970年代には、ハイツの住民はその景色を守るために街にロビーを成功させました。 当局はハイツの麓のブルックリンの海岸を再開発し始め、放棄された倉庫が高層ビルに変わるという懸念を呼び起こした。 代わりに、海岸は21世紀のニューヨークの栄光の一つであるブルックリンブリッジパークになりました。

そうしたいという意志や欲求があれば、都市や自然の景観を守り、その美しさを守ることができます。 Yabuli中国起業家フォーラムは静かで雪に覆われた山にリゾートを建てたかった。 概念化され創造されたのは森林の中の建築物で、勇気と知恵を込めた力の場として提示された。 この建物は、主な機能に加えて、中国の起業家精神の歴史を示す展示スペースとしても使用されます。 中央のデザインはキャノピーに似ており、雪は少し粉に散らばっています。 そして銀白色の表面は建物を囲む山峰を反映しています。 侵入がないように設計されています。

藤見通りの自発的撤去は、インドでは想像すらできないことだ。 私たちは、視覚的汚染という概念でさえ理解も感想もありません。 視覚公害とは、自然景観と人工景観を妨害したり毀損することをいう。 看板や備蓄はムンバイの最大の主犯です。 それらはすでに過密な道路を混雑しており、高層ビルにぶら下がっており、植民地とコミュニティの上にそびえ立つ都市のあちこちにあります。 Brihanmumbai Municipal Corporation(BMC)は、島の都市に年間ライセンス料が約100 croreに達する合法的な備蓄が1,025にすぎないと主張しています。 ただし、実際の数字は正式な数字より少なくとも1000%以上多いです。 富士みどりの事例に基づき、BMCは違法な不正行為に対する自発的な除去計画を発表しなければなりません。 自分で清掃できるように30日の期間を提供します。 そして彼らが措置を取らない場合は、Ghatkopar社在機崩壊事件のように犯人(所有者を読む)を刑務所に送らなければなりません。 それ以下のものは抑制力にはなりません。

作家はRediffusionの会長です。

READ  日本、自動車安全テストスキャンダルで輝き
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours