技術

日本でのスマートフォンを販売する洗練されたトースターメーカーBalmuda

TOKYO-ミニマルなデザインのトースターで有名な家電メーカーであるBalmudaは早ければ11月に日本でのスマートフォンをリリースし、混雑した市場で目立つ製品を提供することを約束します。

東京ファブレス会社は携帯電話の設計と開発、生産を製造パートナーであるKyoceraにアウトソーシングします。 5G対応のAndroid携帯電話は、携帯電話会社ソフトバンク(株)が独占的に提供され、SIMカードがないモデルも提供される予定である。

Balmuda CEO Gen Teraoは木曜日 “今日のスマートフォンは、すべて同じに見え、消費者にはオプションがほとんどありません。」と言いました。 「これは私たちにチャンスを提供しています。私たちは、市場シェアではなく、独創性の面で1位になろうとします。」

この会社のスマートフォン事業は、今年約27億円(2,460万ドル)の売上高を上げることが期待される。

Teraoは、スマートフォンのスペースを言及して “これは我々が取ることができる最大の市場だ」と語った。 CEOは概念と価格の詳細について説明していなかったが、新しい端末は、「単にスタイリッシュな機器がないだろう」と述べた。 彼は排他的なアプリを作成し、 “日常的に使用するための優れ端末」を提供することを約束しました。

Balmuda CEO Gen Teraoは、日本のスマートフォン市場は多くの選択肢を提供していないと言います。

Balmudaは高度な機能を提供するデザインを中心の製品に好奇心が強くない家電製品市場でも需要を創出したことが知られています。 自然な感じの風を出すことと呼ばれる携帯ファンは大ヒットとなり、米国では300ドルを超える蒸気技術を特徴とするトースターのように、この会社は、12月に東京証券取引所のマザーズ市場にデビューしました。

スマートフォン市場は、規模が大きいが目立ちは難しい空間です。 中国と韓国の競争相手に顧客を失った日本の電子製品大物は彼らのビジネスをやめたり売却しました。

Balmudaは高級家電製品の大流行による需要から利益を受けます。 1〜3月の営業利益は、売上高が93%増の37億円と4億4500万円で5倍以上に増加したと木曜日会社は言った。 韓国でも事業が活発でした。

READ  自動車の衝突は、自動車メーカーによって変化に拍車をかける| 事業

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close