日本でのビジネス EDC

1 min read

2024年3月は日本経済にとって非常に重要な月でした。 まず、日本最大の企業は、過去30年ぶりに労働組合に加入した労働者の賃金を最大に引き上げることに同意しました。 しばらくして、日本銀行(BoJ)は長い間持続してきたマイナス金利と利回り曲線制御政策を終了しました。

賃金引き上げと景気後退によるインフレ促進のために施行されたマイナス金利政策終了は日本経済に肯定的な信号だ。 EDC経済および政治情報センター(EPIC)のSusanna Campagnaは、成長は安定しているが緩やかな水準を維持すると予測しています。

Campagnaは「日本の国内総生産(GDP)は2019年から2023年まで毎年約1.9%成長し、今後5年間で年間1%の成長を見せると予想しています」と述べました。 「この成長率は緩やかですが、サービス需要の増加や民間投資など、国内消費率が高まるにつれて支持されます。 円安は日本の観光ブームと輸出の増加を支えています。

これはカナダの輸出業者と投資家にとって何を意味しますか? 日本の消費者はポケットにもっとお金を持っていますが、国の人口統計は依然として困難な状況です。 Campagna 氏は、「日本の老齢化と人口減少は、国家の中長期成長の可能性に悪影響を及ぼす可能性があり、特定の部門の継続的な労働力の欠如は、企業の成長と拡大に依然として制約がある可能性がある」と Campagna 氏は語る。

日本の消費者、企業、投資家が経済をより環境に優しく、効率的で安全にするために革新的な製品とサービスを追求するにつれて、同じ傾向が主要部門でも機会を形成しています。

READ  日本首相岸田文夫コロナ養成、回復中
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours