理科

日本での作物に被害を与えるシカ、イノシシを動物園肉食動物に餌と要請



岩手県盛岡動物園でピューマが狩猟したイノシシをつかむ食べる。 (写真提供:動物園)

FUKUOKA-元飼育係と日本の他の人々は、作物被害を防止するために、現地で捕獲されたイノシシ、シカおよび他の動物を捕食に与えるために、日本全域の動物園に要請しています。

一般的に、作物保護作業中に捕獲された動物は、簡単に処理されます。 しかし、2017年、日本の南西部、福岡県の大牟田市動物園は、日本の他の施設よりも先に取得された害虫を動物園の肉食動物に供給開始しました。

農業保護の操作で害虫に捕獲された動物の数が年々増加して大部分がボリョジムにより害虫の命を他の動物に譲るための取り組みが注目を集めています。

48歳の生物多様性助教授であるTadatsugu Hosoyaは「害虫が巻き起こす被害は、日本全域で問題となるが取得するしかない人は、批判を受けており、これを処理するために費用がかかる」と指摘しました。 九州大学の科学。 「他の動物の餌に変えて命を譲る計画が立てられた場合取得した人の心理的な負担が軽減されるだろう」と述べた。 Hosoyaは34歳の元飼育係である半和幸などが設立した福岡市西区に拠点を置く組織である野生肉の動物園を代表します。



シロクマゴータは秋田県の男鹿水族館GAOのイノシシを食べています。 (水族館写真提供)

農林水産省によると、2019会計年度の野生動物や鳥による農業被害は158億円(約1億4300万ドル)に達した。 この金額は、2010年会計年度に記録された239億円(約2億1,100万ドル)より34%までだったが、これは政府などが対策を強化して、鹿とイノシシを中心とした動物捕獲を促進し、被害の60%を占めたからです。 環境部によると、捕獲された鹿の数は、2000年に14万匹から2019年60万匹に増加しました。 捕獲されたイノシシの可能性があり、同じ期間に15万から64万に増加しました。

しかしHosoyaは捕獲されたシカとイノシシの約10%だけが食用野生の獲物の肉に加工されると指摘しました。 30kg未満のほとんどの動物は、食用肉をほとんど抽出することができないため、処理されます。

このような状況の中で、2017年大牟田市動物園で始まった遺体給餌事業が注目されています。 自然の中で捕食者は、餌を捜して、皮膚をはがし食べることができない部分を除去しながら餌を食べるのに長い時間がかかります。 最近「動物福祉」という概念で他国の動物園に捕獲された動物の環境を最大限に野生に近い作るための動きが広がっており、狩猟害虫を餌とする導体飼育も一部ある。 この。

数年前、2020年3月まで大牟田市動物園で働いていた潘氏は、動物の被害についてよく知っている細谷さんに遺体餌動物のストレスを軽減という国際新聞を読んだ後助言を求めました。 半分は福岡県で絶滅したイノシシとシカを調達することができる経路を確保して、定期的にライオンとトラのような肉食動物に餌を与えました。



ライオンの子は熊本県熊本市動物園植物園で狩りされたイノシシを食べました。 (写真提供:九州大学准教授細谷多田亜美)

2017年Hosoya、Banなどは野生肉動物園を設立し、全国の動物園や他の施設との間に導体餌を促進しました。 これまで北海道最北端から沖縄最南端まで14個の動物園と水族館が動物に合計70回の遺体を与えています。

野生のゲームを処理するためにあり、主要な障害は、コストです。 福岡県糸島には、全国的に、野生のゲームを衛生的かつ安全に処理する専門施設が一つだけです。 食肉加工コストの冷蔵肉を全国の動物園に発送する費用が追加されると、価格は最も安価な動物園が定期的に動物に提供することより10倍高くなります。 しかし、日本全域に加工施設を建設すると送料が減り、価格競争が予想される。 したがってWild Meat Zooは、他の情報と一緒に低温で熱殺菌するユニークな方法を収集し、今年1月のウェブサイトにマニュアルを掲載しました。

マニュアルには、特殊な施設で取るべき適切なプロセスは、実際にライオンや他の動物の死体を餌にするときに注意すべき事項、動物園に餌を与える適切な方法などが含まれています。 遺体餌付けを一度も試みたことのない動物園は、マニュアルを使用してみたいと言いました。

潘氏はまた、日本中部愛知県にある豊橋動物園、植物園で遺体餌作業を行う計画であり、そこでは、今年4月に動物研究者として働き始めました。 彼は「加工施設が全国的に建設され、多くの動物園で遺体飼育を導入すれば、地域の害虫問題の解決に役立つだろう」との取り組みが広がってなることを望む。 彼は訪問者に死体餌を示すことは「動物による被害と生命の重要性について人々に教える教育イベントになることができる」と付け加えた。

(九州新聞部末永麻友日本の原作)

READ  新型コロナ累計1万人以上の患者もひどい人も多く...「第3の波は非常に厳しい」埼玉県医師会長:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close