エンターテインメント

日本での生活:この国のLGBTQコミュニティが戦う時です。





2021年6月27日、ニューヨーク市で撮影されたこのファイルの写真では、人々は聖少数者の権利を訴えるプライド行進で行進する姿を見ることができます。 (毎日/豊雪すみ)

デビッド・マクニール

1990年代に私が初めて日本に来たとき、ゲイコミュニティは見えないように見えました。 ヨーロッパの多くの地域で見られるタイプの年次同性愛者人権パレードはありませんでした。 公開的に同性愛者の国会議員やスポーツ界の挨拶はなかった。 少数の聖少数者の権利のためにキャンペーンを行うように見えました。 テレビでは、同性愛者に対する固定観念と差別が一般的でした。 「オカマ」という言葉は依然として軽蔑的なやり方で広く使われています。

それで、後に東京の新宿エリアにある2-Chomeに関する特集記事を作成するよう依頼されたときにびっくりしました。 ゲイバーとクラブが世界で最も密度が高く多様に密集している場所の1つを発見しました。 約300社が2ブロックに圧縮されており、ゲイ(専門)として知られる様々な好みに合ったセックスショップや水遊び場が含まれています。 それは国境を越えた直線世界にほとんど知られていません。

太りすぎの男性、トランスジェンダー、スパンカー、毛深い男性、70歳以上の男性、若い男性と一緒にしたい年上の男性のためのバーがありました。 ピンナップアイドルのような男性専門施設。 もう一つは田舎から来た顧客のためのものです。 日本のゲイに関するいくつかの本の著者であるTaq Otsukaは、「ブサイクケイのための場所が1つであるという話は聞いたこともあります」と笑いながら語りました。 「ここで見つけることができないものはあまりありません。」

私は近くの裏通りにある静かなホテルを訪れ、無害なドアの間にサラリーマンの服装に黒いスーツとセンスのある靴、コートファイルを着たお客様が静かに入ってくるのを見ました。 若い見習いが勤勉に奉仕する太った会社の社長を描いたセックスムービーのシーンで、愉快に装飾されたロビーを通過した時のみ、基本的にすべてが行われました。





2020年5月29日に撮影したバーやクラブの看板がいっぱいの東京新宿区の「2丁目」エリアのイメージです。 (Mainichi/Takuma Nakamura)

日本全域から来たお客様がサウナ/浴槽に身を浸し、7階から半分裸に上がり、布団がある暗い共同就寝スペースで1日24時間ポルノが点滅しました。

私は後で2-Chomeがある意味ではとても日本的だと書いています。 慎重かつ区画化されています。 注文と詳細については非常に慎重です。 物事の外観が維持される限り生きて生きるようにしなさい。 大塚は「この国は矛盾を抱いて幸せに暮らす国」と話した。 「人々が時々理解していないことをする1つの方法があります。」

2-Chomeが以前はホンドンガであった場所で同性愛者のための避難所として浮上している間、イギリスの警察はまだトイレと公園で同性愛者の男性を逮捕していました。 他の多くの国々とは異なり、日本は1882年の旧法が施行されて以来、反藍色法がなく、「現代日本の同性愛:文化的神話と社会的現実」の著者マーク・マクレランド(Mark McLelland)が言ったことはありません。 多くのキリスト教文化の「反動性愛の怒り」、同性愛嫌悪と同性愛者の暴行の致命的な燃料。

個人のアイデンティティと秘密の必要性に対する一般的な苦痛で汚れていましたが、日本の同性愛者とレズビアンは世界の他の地域と同様に露骨な抑圧を受けませんでした(イギリスの藍色禁止法は1967年まで廃止されませんでした)。





「東京レインボープライド2022」パレード参加者が2022年4月24日首都渋谷区で見られます。 (Mainichi/Natsuki Nishi)

日本は性的好みに比較的余裕がありますが、他の場所で同性愛者の生活を変えるのを助けた政治的、社会的キャンペーンもありませんでした。 同性愛は、ストリートや議会で披露したり議論したりするのではなく、個人的なライフスタイルの選択肢と考えられてきており、今でも概ねそうであると考えられています。 それが東京の比較的低い身長の同性愛者人権パレードの一つの理由だと思います。

私は人々が日本で社会変革が西欧の運動を妨げる爆竹や暴力なしに静かに起こると言うのを聞きました。 そして日本のLGBTコミュニティメンバーの人生が変化しているのが事実です。 6月に東京は同性カップルに「パートナーシップ証明書」を発行する最新の都市となりました。 他の8つの県がこのシステムを導入しました。 過去総選挙で公開的にLGBT候補が4人いました。

しかし、多くの同性愛者はまだ苦難、いじめ、差別に直面しています。 日本ではない台湾は、2019年にアジアで初めて同性結婚を合法化した。 日本はG-7国の中で同性結合を許さない唯一の国だ。 そして、クリスチャン・アメリカと同様に、いくつかの地域、特に伝統的な家族を保存しようとする保守主義者の間に、そのような法的変化に対する抵抗が依然として存在します。

多くの毎日の読者は、自民党の議員の間で聖少数者を「心理的障害」に苦しんでいると説明した90ページのパンフレットを読んだでしょう。 同性愛が「治療できる」と主張するこの奇怪で不信の構図が日本与党内でどれほど支持されているかは明らかではない。 しかしその存在すら恥ずかしくて日本の性平等闘争がまだ終わっていないという信号だ。

プロフィール:

David McNeillは1965年にイギリスで生まれ、アイルランドの国籍を持っています。 スコットランドエジンバラのネイピア大学で博士号を取得しました。 彼はリバプール・ジョン・ムーアス大学で講義し、2000年に日本に渡りました。 彼は東京大学で客員研究員として働き、他の出版物の中でインディペンデントとエコノミスト新聞の東京特派員として働いていました。 彼は2020年4月に東京聖心大学英語コミュニケーション文化学科教授として赴任しました。 彼は「Strong in the Rain: Surviving Japan’s Earthquake、Tsunami and 福島原子力災害」(Lucy Birmingham共著)は、Palgrave-Macmillanが2012年に出版しました。 日本版は2016年に西西穂によって出版されました。 彼はサイクリングが大好きで、時々神奈川県の三浦半島と滋賀県の琵琶湖周辺を旅します。

READ  USOPCは北京オリンピックのアメリカ人の希望者は、COVID-19の完全な予防接種を受けなければならないと言いました

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close