トップニュース

日本では、真姫の王室の結婚式が小さなファンファールで終わります。

東京 – 将来の日本の皇帝の妹が最後に結婚したとき、花嫁のサヤコ姫が東京の最高のホテルの一つで開催される結婚式やレセプションに出席するために宮殿を出ると、何千人もの願いが通りに並んでいました。

しかし、現日王の甥であり、未来に王になると思われる王の姉である真子姫(30)が火曜日に結婚したとき、王室代表が処理する東京の登記所への簡単な旅があった。

それでも中継結婚式やバルコニーキスなしでも切ない愛情表現があった。 火曜日の午後、公式記者懇談会で新郎ゴムロケイはカメラを見ながら「私は真子を愛する。愛する人と一度だけの人生を送りたい」と話した。

その優しい瞬間まで行く道は難しかった。 プリンセスとゴムロさんが4年前の婚約を発表したばかりではなく、大衆は彼女の選択に疑問を持ち始めました。 タブロイド新聞は彼の母親が彼女が返済しなかった元彼氏から400万円(約3万6000ドル)を受け取ったと暴露し、批評家たちはゴムロ氏がお金や名誉のために皇室と結婚しようとしたことを暗示した。

真姫姫の父親は、凍りついた世論を理由に結婚承認を保留した。 パパラッチは30歳の小室さんがフォードハム・ロースクールに入学するためにニューヨークに出発した後、彼の暑い髪とフードトラックの習慣を追跡した後、追いかけた。 ソーシャルメディアに対する野蛮な攻撃により、王女は外傷後ストレス障害に苦しめられました。

ゴムロさんが結婚前の自家格理のため先月末に日本に戻った時、不条理に近い調査はさらに熱狂した。 メディアと大衆は、彼がポニーテールをしてニューヨークから来たという事実にショックを受けました。 あるタブロイドの週刊誌は、王室管理者がゴムロ氏が未来のシダに会うために、単色の黒やネイビー色ではなくピンストライプのスーツを着るのを嘲笑したと報じた。 一部の調査では、回答者の80%が結婚に反対すると答えました。

しかし、ゴムロ氏がロースクールを卒業し、ニューヨークのローファームに就職するまで3年を待った末、東京にある国際キリスト教大学の大学生の恋人だった辛抱強い夫婦は、火曜日の朝に婚姻届を出した。

皇居から1マイルもかからない通りにあるホテルで開かれた記者懇談会で、二人は長いテーブルに並んで座って部屋がいっぱいの記者たちと数多くのカメラに面した。 花嫁は淡い青のシースドレスと真珠のストランドのジャケットを着て、小室さんは濃い藍色のストライプスーツを着ています。

王女は準備された発言で、「私たちの結婚について様々な意見があることを認める。 私たちが手間をかけてくれた人たちには本当に申し訳ありません。 黙々と私たちを心配してくださる方々、根拠のない情報に混同せずに応援してくださる方々に感謝している」と話した。

夫婦は不愉快な質問に答えたり、虚偽の事実を明らかにしないために、事前に提出された記者たちの質問5つに対して書面で答えてほしいと要請した。 彼らは、納税者の​​お金を無駄にしているという非難を避けるために、ニュースブリーフィングのために部屋を借りるためにお金を支払いました。

真姫姫の配偶者の選択に対する悪意のある意見の多くには、伝統的な日本の象徴である王室に対する現実的な恐怖の緊張があります。 世界で最も古い君主制は差し迫った承継危機に直面し、王女の結婚は政府が解決することを拒否した問題を強調する。

日本天皇の継承を司る皇室法によれば、女性は王位に上がることはできない。 法はまた真姫が平民と結婚するため、王位をあきらめなければならず、自分も平民になると規定しています。 彼女が持っているどんな子供も王座に登ることはできません。

日本国民の大多数は、現日王成人の19歳娘アイコ姫をはじめとする女性たちが王位に座れるように法を改正しなければならないと考える。 刑務所通信が最近実施したアンケート調査によると、約80%が真子姫のような王室女性から生まれた子供も後継に上がりたいと明らかにしました。

執権自民党の保守派は、これまで女性が統治したり、王室女性の子どもが後継に合流できるようにするいかなる変化にもしっかり反対してきた。

しかし現在、王位を継承できる人はたった3人だけの男性相続人が不足して85歳の成人日鳴の叔父。 真姫姫の父である天皇の55歳弟の秋野。 そして天皇の15歳甥、真姫姫の弟であり、彼の世代の中で唯一天皇になる資格のある家族。 (対照的に、英国王室は王位継承配列が20人を超えるが、それらの多くが女性であり、まだ80歳未満の人はいません。)

政治体制が国民の意見や人口統計学的現実に屈服しなければならない可能性があるということは、国民が真子姫が皇室に復職した場合、夫の選択に重みを置く権利があると感じるということを意味します。

専門家であり現代史の副教授である川西秀也氏は、「家族の女性メンバーが王位を継承できるのか、王位を継承できるのかはまだわからないため、人々は彼女の結婚に多くの関心を持っている。 「と言った。 名古屋大学で日本帝国主義について。

大衆は主に家族への疑いのため、ゴムロさんが不適切だと思っていました。 彼の母親は、父親が亡くなったときに未亡人になり、後で36,000ドルの借金を返済しなかったと彼女を告発した一人の男との関係に巻き込まれました。 ゴムロさんと彼の母親はそのお金がプレゼントだと信じていましたが、大衆の騒ぎがあった後、秋野王子はゴムロさんに状況を説明するよう依頼しました。 彼は今年初めに財政的準備と解決策を説明する28ページ分の文書を提供しました。

火曜日の記者会見で、ゴムロ氏は母親が精神疾患に苦しんでいて、彼氏に合意を提案したと説明しながら、議論に直接言及した。

すべての軽蔑は、大衆の心に彼の家族に対する不信を長く残しました。 日本では、結婚は依然として家族間の結婚であると東京にある早稲田大学の政治学部教授である上田重子は言いました。

噂が転移し、今ゴムロさんのキャラクターを非難します。 ソーシャルメディアの批評家たちは、彼を金鉱や泥棒で烙印した。 メディアは、彼がニューヨークで働いているローウェンシュタイン・サンドラーのウェブサイトに掲載されている伝記に操作された賞がリストされていると提案しました。 Fordham Law Schoolのスポークスマンは、Komuroが実際に彼がリストした賞を受賞したことを確認しました。

王室の監視者は、ゴムロ氏は日本の男性に対する伝統的な期待には及ばず、彼の処遇は外界に対する疑いを反映していると言います。

「そのうちのいくつかは、小室さんが国際学校に通って英語を流暢に話し、日本銀行をやめたので、日本の価値にあまり従わなかった」と語った。 久美子 Nemoto、京都外国語大学社会学科教授。

根本氏は「日本社会で人々は社会、集団、家族のために自分の一部を犠牲にする姿を見たい」と付け加えた。 彼女は、Komuro氏は、「個人的かつ専門的に何かを達成することによって自分自身を証明しようとしています」と言いました。

今結婚した後、真子小室(Mako Komuro)として知られるようになるプリンセスは、夫に参加するためにニューヨークに移動することができます。 彼女は約140万ドル相当の王室持参金を拒否したので、夫婦は最初にゴムロさんの給料として生活しなければなりません。

プリンセスはイギリスのレスター大学で美術館やギャラリー研究の修士号を取得し、東京の博物館で5年以上働いていたため、ニューヨークの芸術界で仕事を見つけることができるかもしれません。

おそらく最も人気のある熱狂を呼び起こしたのは、日本の外で自分たちの生活を開拓することにしたカップルの決定でしょう。 彼女が家族を離れなければならない場合でも、王女は伝統的な義務の概念に従わなければなりません。

小野寺花子(59)は先週、二人の友人と共に皇居の庭園を歩き、「皇室はかつては美しく届かない神のように思われたが、今はそうではない」と話した。

彼女は「この世代は前世代よりも多くの声を出して欲しいものを求めることもできる」と付け加えた。 「彼らは国家のニーズを自分のニーズよりも優先すべきだという圧迫感をあまり感じません。」

ゴムロ夫人は火曜日の午後、記者の質問に「メディアインタビューをする計画がない」とし、「ただ新しい環境で平和な生活を送りたい」と話した。

Hikari Hidaが報告に貢献しました。

READ  米国と日本、G7を石炭に閉じ込め-POLITICO

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close