技術

日本では毎年30,000件のネットワーク故障を起こす船

日本の国内ネットワーク通信デバイスから毎年宇宙線が約30,000〜40,000件の誤動作を起こしているNippon Telegraph and Telephone Corp.が最近発見しました。

会社のハードウェアのほとんどのいわゆるソフトエラーまたは一時的な誤動作は、安全装置を介して自動的に修正されますが専門家たちは、場合によっては中止につながる可能性があると言いました。

国内の情報インフラストラクチャの実際のソフトエラーの規模が明らかになったのは今回が初めてだ。

ソフトエラーは、宇宙線が地球大気の酸素と窒素に衝突して生成される中性子が装備内の半導体と衝突して電子機器のデータが破損した場合に発生します。

小型・高性能の半導体を搭載した電子機器が普及するにつれ、ソフトエラーの事例が増加しています。 一時的な故障により、時々、コンピュータと電話が停止され、海外のいくつかの飛行機事故の原因であると考えています。

大阪大学情報科学技術大学院教授であり、ソフトエラーの専門家であるMasanori Hashimotoは誤作動が実際に世界の工場の他のネットワーク通信機器と電気機械に影響を及ぼしました。

社会のインフラが人工知能と自律走行などの技術を使用している「電子機器に依存するより「につれ、より大きな問題」が発生する可能性があると橋本は言った。

彼は、政府と企業がより多くの対策を研究して実行する必要がないと強調した。

しかし、ソフトエラーの原因を特定し、これに対する対策を実装することは、機械的エラーとは異なり、実施の再現することができないため、難しいことができます。

これNTTは、半導体が中性子にさらされている実験によってソフトエラーの頻度を測定した結果、国内サーバーで一日に約100個のエラーが発生するという結論を下しました。

NTTは、ネットワーク通信障害が実際に発生したかどうかを明らかにしなかったが、「主要な問題への対策を実装」、「実験と推定を通じて安全装置や機器の設計の品質を確認すること」と述べた。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  アマゾンのスーパーボールの広告、マイケルB.ジョーダンがアレクサ役で出演

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close