日本では禁煙の「裏切り」が禁煙者を助ける事業を生み出す

Estimated read time 1 min read

東京 — 企業に対する忠誠心と生涯雇用で有名な日本で転職する人は、しばしばあきらめる人とみなされます。 そしてそれは恥ずかしいことと見なされます。

「taishoku daiko」または「離職代理人」と入力してください。 単に出て行きたい人を助けるために、ここ数年で何十ものそのようなサービスが生まれました。

昨年、ガーディアンサービスを通じて、13,000人の人々に手間を最小限に抑えながら職場をやめる方法を助言した東京に本社を置くTRKの代表である長谷川吉人は、「めまいの離婚を想像してみてください。

人々はしばしば自分が不幸になっても仕事を続け、より大きな利益のために自分の命を犠牲にする「神風」のように感じ、自分の顧客を第二次世界大戦の終わりに自殺任務を遂行するよう派遣されたパイロットにたとえしました。

「若者が高齢者を敬うように教えるのと同じように仕事をしています」と彼は言いました。 「やめることは裏切りになるでしょう」

READ  ロシアの日本大使、「相互利益」サハリンプロジェクトを維持することが「唯一の論理」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours