スポーツ

日本でウイルスが急増し、パラリンピックの聖火式開始されます – スポーツ

発行日 2021年8月12日 午前09:17

しかし、緊急事態のために一般道路では、リレーをしないことにした」と述べた。

TOKYO(AFP) – 日本が木曜日の最初のパラリンピックの聖火点火を開催し、日本がウイルスの例の急増と戦いながら観衆がスタンドに来るかどうかを知るために選手たちが待っている。

ファンデミクに延期された日曜日に終了した東京オリンピックでファンは、ほぼすべての競技場で禁止され選手たちは移動制限に直面しているし、毎日のテストを受けた。

日本のマスコミは、パラリンピックが8月24日に開幕する時も似たような条件で行われることを期待し、観客数の公式決定は来週秒予想されると伝えた。

日本は約15,300人の死者と一緒に、全体的に比較的小さな鼻ビーズ-19発症をみたより伝染性が強いデルタ亜種によって駆動された最新の波は、一日の事例数を新しい記録に引き上げています。

東京と他の5つの地域は、現在のバーやレストランでの酒類の販売を禁止して、午後8時までに終了するようにするウイルス緊急事態を受けています。

公道での伝統的なリレーの代わりに「トーチ – キス “パラリンピック聖火イベントが次の週に渡って、日本全国の町や都市で開催され聖火のトーチに聖火が置き換えられます。

炎は東京に移され合わされるだろうが、東京のリレールートに観客を行立つ計画はキャンセルされた時に、政府の管理がAFPに語った。

刑部浩一東京都の関係者は、「700人の聖火ソンジャと一緒にパラリンピック聖火リレーを東京で開催する予定だった」と語った。

しかし、緊急事態のために一般道路では、リレーをしないことにした」と述べた。

緊急措置は、8月末まで継続される予定である。 事例が増加している他の地域でも同様の「準緊急」措置が施行されています。

日本の北部岩手(Iwate)地域の人里離れた都市殿(Tono)はパラリンピック聖火意識を一般に公開することを決めており、関係者を含めて約50人程度の小規模群衆を予想していました。

イベントを主催する時の関係者は、AFPに「私たちは老若男女、外国人、障害者など、様々な人々がイベントに参加できるようにしたかった」と話した。

「私たちは、イベントを宣伝していない。 もちろん徹底した防疫措置を取る」と述べた。

約4,000人のパラリンピック選手と12,000人の海外関係者、スタッフ、メディアがオリンピックのために日本になります。

東京オリンピックで主催者は、ギリシャのアーティスティック水泳チームで511件の陽性事例を見ており、ほとんどの居住者の一人で、「クラスタ」を報告した。

一部の専門家は、オリンピック開催がウイルスの危険のために、政府のメッセージを弱体化させたと主張するが、オリンピック主催者は、東京で増加するウイルスの例と関連があると否定しました。

65歳以上の人口の80%以上を含む、日本の人口の約35%がワクチン接種を完了しました。

READ  RavenaはPBAが日本を支援することを希望します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close