トップニュース

日本でウクライナの授業を受ける避難民

ロシアの侵攻を避け、日本に来たウクライナ人は主にウクライナの子供たちのために設計された東京の週間学習プログラムに参加しました。

主日学校というプログラムは2009年に始まり、ウクライナ語と文化の授業を提供しました。

今週の日曜日には、子供と両親を含む6人のウクライナ人避難民が授業に参加しました。

授業は様々なテーマや年齢に分かれています。 4〜5歳の子供たちは、ビデオを見ながらウクライナ語を勉強しました。

教室の外で、ウクライナの南東部のジャポリジアで避難した71歳の女性が、ウクライナの国の色である青と黄色で作られた手工芸品について話しました。 日本生活についても聞いた。 彼女はまだ自国の状況を心配しています。

彼女はウクライナ語で話すことができ、嬉しく、すぐに平和が来ることを祈ると言いました。

READ  日本のアルファベットは、開幕式のパレードに独特の順序を付与します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close