トップニュース

日本でコロナ19患者84人、6ヶ月の間に自宅で死亡した。

日本政府のデータによると、6月から6ヶ月の間、日本で家庭で回復されている84人のコロナウイルスの患者が死亡した。

データによると、患者のほぼ半分が感染が保健省に報告された後、数日後に死亡しており、これは人々が状態が急に悪化しているのを見た信号です。

2021年1月、日本中部愛知県オグチ市桜総合病院で医療スタッフが新型コロナウイルス感染症(コロナ19)患者を治療している。 (教徒)==教徒

このデータは、日本の家で療養中の患者数が先週45,000人を超え、1週間前より約26,000人増加したなど自宅コロナ19患者数がさらに増加することが懸念され、出てきたことです。

インドで最初に発見されたが、ウイルスの感染が高いデルタ変異型の拡散により、増加速度が加速されています。

菅義偉首相は今月初め病床不足を防止するために、コロナ19重症患者と重症の症状を発症するリスクがある患者のみウイルスの再流行地域の病院に入院することができると判断した。

84人の患者のうち36人は地域の医療機関で厚生労働省に感染の事実が報告されてから1〜9日後に死亡した。 イレブンは10日から19日の間に死亡しました。

4人20日またはそれ以降に死亡し、最も長い場合は、30日後に死亡しました。 レポート当時9人が死亡しており、24人の死亡日は不明であった。

84件の80%以上を高齢者の患者が占め、80代以上が36人、70代24人、60代11人だった。

50代7人、40代1人、30代の3人、20代1人だった。 患者の年齢は知られていなかった。

別のデータによると、月曜日の日本の新しいコロナウイルス感染事例は合計12,073件週間前より43.8%増加した。

東京では、総2,884人の確定が発生して、月曜日史上最高値を記録した。

首都の新しい感染事例の7日移動平均は一日4,135.4人で前週より28.7%増加した。

先にシュガーがコロナ19の状況を考慮して、8月24日に開幕するパラリンピックを観客と一緒に開催することができるかどうかを決定することを言ったように、国内の毎日の集計を綿密に注視している。

シュガーは、月曜日の予防接種を受けて、不必要な外出を控えること、ウイルスの拡散を防止するための鍵と述べた。

日本の南西部、長崎で開かれた記者会見で、彼は日本で投与された累積ワクチン接種量が1億を超えたと述べた。

首相は「高拡声(COVID-19)の亜種の拡散が続く中、今週から秋夕連休が始まる今は感染抑制に非常に重要な時期」と述べた。

彼は多くの人々が故郷に戻るか、別の場所に旅行する日本の主要夏休みシーズンを言及していました。

シュガーは、東京の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)新規の患者の約70%が30代以下の若い層への旅行を自制することを要請した。

政府は、YouTubeとTwitterを使ってこれらを狙った情報を提供し続けるだろうと述べた。

READ  日本で失踪した女性の体2011年津波いよいよ確認| 津波ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close