日本で先天性梅毒事例が年間新記録を立てました。

Estimated read time 0 min read

国立感染病研究所が最近発表した資料によると、今年日本の先天性梅毒件数はすでに年間最高記録を立てています。

10月4日基準の年間発生件数は32件で、既存の年間最多の2019年(23件)を超えた。

一方、2023年の国内梅毒件数は11月19日基準で1万3251人で、2022年の全体梅毒件数は1万3228人を超えた。 これは1999年現行調査方式が導入されて以来初めて1万人を超える数値だ。

県別では東京3,244人、大阪1,760人、福岡829人、愛知751人、北海道607人。

現在梅毒が拡散する原因はソーシャルメディアを通じて出会った見知らぬ人の間の性関係のためだという分析もあるが、まだ明確な拡散原因は明らかにされていない。

この病気は主に性的接触を通して伝染します。 感染した人はまず生殖器や口に潰瘍が生じ、その後体全体に発疹が生じます。 早期抗生物質治療で治療が可能です。

先天性梅毒は胎盤を介して母親から赤ちゃんに伝染し、知的、視覚的または聴覚障害を引き起こす可能性があります。

東京都は、ウェブサイトで症状がある人は医師の診察を受けることを勧告しており、適切なコンドームの使用が梅毒感染のリスクを減らすのに有効であると明示しています。

先天性梅毒は死産と早産につながる可能性があり、障害のある子供を産むことができることを指摘し、東京政府は妊婦に懸念事項がある場合は医師に相談するよう促しています。

READ  科学者たちは、餌を収縮させながら蛇が呼吸を維持する方法を見つけました:NPR
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours