日本で初めて世界ごみ収集大会選手権大会を開催

Estimated read time 1 min read

日本 水曜日には、ユニークな国内ゴミ収集大会の最初の世界選手権大会が開かれました。

路上で空の缶、プラスチック片、タバコを探す活動を含むこのスポーツには、なんと21カ国が参加しました。 東京とともに イギリス 最初のスポゴミワールドカップを持ち上げます。

2008年に発売されたこの名前は、「スポーツ」と日本語でゴミを意味する「ゴミ」という2つの単語から派生しました。 AFPは、Spogomiの創設者Kenichi Mamitsukaが朝の走りにゴミを拾い、目標設定がそれを楽しい活動に変えることができることに気づいたと報じた。

「全国スポゴミ協会を結成すれば、私の野望はこれがオリンピックの試行イベントになることができるということです」と彼は通信会社に語った。

主催側によると、米国、オーストラリア、フランスなどの参加者を含む参加者は、合計548kgのごみを収集しました。

手袋、金属鉗子、ゴミ袋で武装した各チームは3人の選手で構成され、これらは収集したゴミの量と種類に応じて得点しました。

私有地でゴミを収集することは許可されておらず、選手には各ゴミ収集セッション後20分間にわたるゴミ、リサイクル可能なペットボトル、金属缶、タバコなどを含むさまざまなカテゴリのゴミを分類する時間が与えられました。

新潟県出身の日本代表高橋智には「今回の大会で優勝したかったので苦しい」と話した。 毎日。 「しかし、世界中でより多くの人々が環境問題に興味を持っていることを願っています」

イギリスは総57.27kgのゴミを収集し、9,046.1点で1位を占めた。

2回目のワールドカップは2025年東京で開催される予定だ。

READ  日本、米国、フランス、最初の合同「戦争ゲーム」開催| ヨーロッパのニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours