技術

日本で合成炭素中性燃料をテストするSubaru BRZコンセプトRacecar


日本と世界中の自動車メーカーの多くは、内燃機関を炭素排出剤として時代に維持するために合成燃料に目を向けました。 その中にSubaruがあります。 日本の会社は、カーボンニュートラル燃料を使用する特別に改良されたBRZで、日本でスーパータイキューシリーズ2022に参加すると発表しました。

モータースポーツは新技術をテストするのに最適な分野です。 したがって、Team SDA EngineeringのSubaru BRZ CNF Conceptは、3月19日と20日にSuzukaのグリッドに参加する予定です。 Subaruによると、技術本部で100人以上のエンジニアが車両の技術開発に参加しました。 テストと教育目的。

参照:ランボルギーニは、2030年以降も燃焼エンジンを維持するために合成燃料を探しています。

新しい燃料と互換性があるように、Subaru BRZ CNF Conceptのエンジンは少し変更されました。 その他の変更には、レーシングに必要なロールケージおよびその他の安全装置の追加が含まれます。 最後に、特別なシンボルは、レーシングステッカーが付いている白いボディにSubaruエンジニアの情熱を象徴する青と炭素中立燃料を象徴する緑を使用します。

炭素中立燃料は二酸化炭素、水素、そして食べられないバイオマスでできています。 レースカーに使用される燃料は、名前が示すように、完全にカーボンニュートラルではありませんが、再生可能エネルギーを使用して成分を作ることができ、カーボン排出なしで製造および輸送が可能です。

燃料はガソリンの日本工業規格(JIS)と一致していますが、トヨタが独自の実験的な水素動力モータについて話しているのと同様に、二酸化炭素排出量はほぼゼロに近いです。 これらのソリューションにより、内燃機関は継続的に発展しながら、自動車メーカーが期待していた炭素中立性を達成することができます。

他の写真…



READ  今日の株式市場:5月のダウ、S&Pのライブアップデート。 2021年5月5日

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close