トップニュース

日本で失踪した女性の体2011年津波いよいよ確認| 津波ニュース

この女性の遺骨は、巨大な波によって荒廃、日本北東部のビーチで発見された。

2011年、日本の津波により行方不明の女性の遺体が発見され、確認された警察は、災害10周年を控えた金曜日に発表した。

地元警察のスポークスマンは、AFP通信に「頭蓋骨を含むスケルトン有害が2月17日宮城北東部のビーチで発見された」と伝えた。

今週法医学とDNA分析を通じて、彼女は2011年3月11日の黒い波が襲ったながら消えた東松島出身の61歳奥山夏子(Natsuko Okuyama)で明らかになった。

日本の警察庁によると、2011年の地震、津波、核爆弾で確認された死亡者数は、2020年12月15,899人だった。

しかし、2500人以上が災害が発生して10年が過ぎた今も正式に行方不明になったと見なされます。

そのため、多くの家族は、体を取り戻したことがない、愛する人の喪失を完全に処理することができないと感じながらリンボーに落ちました。

地元メディアは、奥山の息子が有害を発見した人に感謝すると引用した。

共同通信は「10周年が近づくながら、母親が発見され、非常にうれしい」と語った。

「こうすれば感情を整理して、前進することができます。 “

READ  「写真で見る「カワイ案里被告、宝石の一部始終長期拘禁でやつれた姿で... - 文春オンライン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close