トップニュース

日本で巨大な爪を持つ恐竜「死神」発見

数百万年前の二足歩行 恐竜 指にナイフを持ってアジア大陸の海岸をストーキングしました。 しかし、新しい研究によると、エドワードはさみのような武器は、動物の内臓を減らすのではなく、植え付けをするために使用されました。

恐竜は、約1億4500万から6600万年前の白亜紀に住んでいた二足歩行、主に草食性三つの恐竜テリジノサウルス(rizinosaurs)として知られるグループに属していました。 最近、日本とアメリカの研究者たちは、日本で発見された最も若いテリジノサウルス化石を記述しました。 その化石はまた、海洋堆積物でアジアで最初に発見されました。

READ  菅氏「無派閥・非世襲」の最初の自民党総裁や石破・岸田氏は、政治家一家 - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close