エンターテインメント

日本で心を溶かしているデジタル猫

菊池涼子は東京の映画館で家に歩いていたのヨットほどの大きさの猫が報道湧き出上がっ密か足を舐めることを見た。

「ニャンコは方式が可愛すぎて耐えられませんでした。」と彼女は言いました。

東京の多くの人々は、猫が看板のピクセル数に過ぎても同じように感じます。 4Kディスプレイは、月曜日まで正式に「開放」されないが、先月のインストール後に、すでに社会的に遠く離れている群衆をドラッグ込めた多くのソーシャルメディアの投稿に触発されました。

デジタルキャラコは必要に応じて行動するという点で、実際の猫のように行動します。 訪問者は、広告ストリームとミュージックビデオの間で時間数回の短い姿でのみ扱われます。

猫はあちこちあくびをして午前1時で約6時間の間に眠りに挙げ新宿地下鉄駅の近くにある露天スズキの側面を擁する白い足に頭を乗せる。 (3次元形状は、26×62フィートの曲線型LED画面が織り成す幻想です。)

また、「かニッチと “と歩行者を迎えてお話します。 これは「konnichiwa」またはhelloと「ニャー」を意味する日本語の「nyan」のミックスです。

この地域の多くの点滅は、看板や看板​​とは異なり、猫は、特定の製品やブランドを宣伝していません。

猫の展示を運営する二つの会社の一つである日本の大手企業ユニカのスポークスマンである孝之大川は猫が正式名がないと述べた。 (ファンは逆に沿って「新宿東口猫」と呼ばれていました。)

「猫を展示することにしたのにはいくつかの理由がありますが、大きな理由の一つは、コロナウイルスが原因で、世界は非常に暗くなったということです。」と大川氏は、コロナウイルス感染症を言及し付け加えました。 「猫の展示を通して、私たちは新宿を蘇らせ、より明るくしたかったです。 “

東京の管理者は、水曜日に920個の新しいCovid-19感染を見たが、これは5月中旬以降の都市の最高記録です。 木曜日、日本政府は、東京がオリンピックを開催する予定である数週間前に大流行開始後第四緊急状態に東京を置きました。

猫のファン下田健二では、最近、新宿駅に立ち寄った際、他の人が、複数の猫カメオを録音するために待っていることを見ました。 彼は一つを見ることができる分だけ長く滞在することができたが、それだけの価値があると述べた。

マーケティングの分野で働く下田氏は、「私は思っていたよりも、その影響がより強くしました。

東アジアの歩行者やソーシャルメディアのユーザーを楽しませる最初の立体看板はありません。 昨年ソウルで 壊れた波を表示。 また、他の中国南西部の都市成都では、建物から出てくるように見える「スタートレック」のような宇宙船を示した。

猫の看板のビデオフィードが ライブストリーミング 新宿地域を訪問することができない方のために。 木曜日昼休みにほぼ200人のYouTubeユーザーが猫が尾を振って地上地下鉄車両を見つめる姿を見ていました。

それにもかかわらず、猫の人間のホストは、3次元幻想が実際飼料で人のように、ほとんどの発音されないことを認めました。

猫が好きな人も新宿東口猫レパートリーが少し繰り返し感じられる始めることができます。 大川氏は、月曜日に新しいビジュアルが導入されることがあると述べたが、詳細な説明を拒否した。

「待って見なければならすることです。」彼は言った。

READ  日本の国防長官、米国と中国の活動議論

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close