理科

日本で数千人の肺がん患者が2020年に治療を受けました。

日本の肺がん学会は、日本から約8,600人の肺癌患者が昨年に治療を受ける機会を逃したことが懸念されると語った。

全国的な調査に基づいて計算された推定値は、コロナウイルス感染症が原因でがん検診キャンセルと人々の医師の訪問を気にする反映したもの社会によると。

「遅滞なく、がんを発見するには、定期的に検診を受けることが重要だ」と社会の関係者は語った。

学会は昨年10月末、日本のがん治療専門病院と大学病院を対象にアンケート調査を実施した。 全国118の機関から収集したデータを分析した。

アンケート調査の結果によると、2020年1〜10月の手術や化学療法を受けた肺がん患者は18,562人で、2019年1〜10月のよりも約6.6%減少した。

日本では、毎年約13万人が肺がんに新たに発症すると推定されており、社会によると、昨年は6.6%(約8,600人)が、治療を受けていないことに気づいた。

この調査はまた、多くのコロナウイルスの患者がいる病院が肺がん患者を治療する傾向が少ないことを発見しました。

北海道は日本で新しい肺がん患者数が0.4%増加した唯一の地域です。 患者減少率は、東京を除く関東地域9.7%、北陸8.8%、東京7.9%、中部地域7.6%、東北地域6.8%となった。 溶かす。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Google Doodleは、先駆的な緑茶化学Michiyo Tsujimuraに敬意を表します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close