技術

日本で最も先進的な科学、技術革新のために努力-Open Access Government

日本で最も先進的な科学、技術革新のために努力してください。

©Danflcreativo

日本の文部科学省(MEXT)は、科学技術の分野で世界的リーダーになることの重要性を強調しました。 ここでオープンアクセス政府は、これがなぜそうなのか調査します。

日本の経済と社会は大きな変化の時期にあります。 今日の日本が直面している最も緊急の問題は、エネルギー、資源、食糧不足、出生率の減少と高齢化、貧困な農村経済と地域社会です。 これらの問題のために、日本の科学技術の世界的な名声は、最近少し下落した一方、他の国では、引き続き、科学、技術、イノベーション(STI)ポリシーを強化しています。

しかし、日本ではまだSTI能力を積極的に活用してグローバルな問題に対応して、発展途上国の生活の質を向上させ、人類の発展に継続的に貢献する国が必要です。 また、日本では、持続可能なグローバル成長に積極的に貢献するために努力しています。

科学技術政策室は、日本の文部科学省(MEXT)の一部であり、日本の科学技術振興のための基本的な政策を企画し、設計を担当します。 科学技術分野の人的資源を開発し、学生の研究員やエンジニアに至るまで、様々な地域での国際活動と科学技術の発展を戦略的に奨励します。 日本の科学技術開発の主要な優先順位は次のとおりです。

政治部門。 計画と評価部門。 研究開発インフラ部門。 産学協力と地域のR&D部門。 人事政策部。

人的資源

後者の要である人材開発は、現在、文部科学省では特に重要です。 人口減少にもかかわらず、科学技術の世界的リーダーになるためには、日本の科学技術人材を育成・確保して活動を推進することが非常に重要です。 したがって、文部科学省は、子どもから大手の研究者やエンジニアまで、すべての人を包括する総合的な人的資源の開発の措置のために努力しています。 子供たちの才能を開発し、科学に興味がある人の地平を広げ、若い、女性との国際研究を含む様々な人々が自分のスキルを開発することができる環境を造成して、プロフェッショナルエンジニアリングシステムを育成し、すべての次の同じ利点を提供します。 強力な知識インフラ。

日本の科学技術政策は、科学技術基本法に基づき、5年ごとに制定された科学技術基本計画に基づいて総合的かつ体系的に実施されます。 政府は、今後10年の挑戦を予想して、5年にわたって科学技術政策を実行することにより、各基本計画を策定します。 制定されてから20年が過ぎており、その中に日本は科学技術政策の重要な進展を遂げており、日本と世界の発展に貢献しました。 日本は21世紀の科学の分野で世界で二番目に多い数のノーベル賞受賞者を保有しており、これは世界で大きな科学技術の存在を証明するものです。

5次科学技術基本計画は、現在、2016年から2021年まで適用されている。 5次科学技術基本計画では、STIの企業、社会、大衆のための重要な政策として強力に推進されている。 「未来を果敢に挑戦」する文化は、将来の産業を創出し、社会を変えるために育成され、この基準は、このを推進するのに役立つ4つの柱があります。

将来の産業の発展と社会の変化のための新しい価値創出のための行動経済的、社会的問題を克服。 STIの「基礎」を強化する。 革新のための人的資源、知識と資金の体系的な肯定的サイクルを構築します。

これらの各目標を達成するための基礎研究を強化するとともに、人材育成と、個々の分野に集中しています。 先に述べたように、日本の将来の競争力は、グローバルオープンイノベーションイニシアチブが進むにつれて、人的資源、知識、国内外の資金の使用は、新たな価値の創出と社会の中で、これらの新たな価値の迅速な履行にかかっています。 これを達成するためには、人と知識、資金が国境を越え、日本が徐々に革新することができるシステムを構築する必要があります。 これは、真のコラボレーションを構築することにより達成される。

大学 – 企業 – 政府の協力

ハギオダ光一文部大臣はまた、大学の研究の成果を社会に正常にインポートして、大学の教育と研究を活性化するために産学協力を促進するために優先順位を置いてと思います。 文部科学省は、このような協力を強化し、大学がSTIに独立して参加できる環境を造成するために努力しています。 また、研究結果の実際の適用のための大学と企業の共同研究や技術移転と知的財産分野の技術支援を積極的にサポートします。

編集陣 おすすめ 項目

オープンアクセス政府に従ってください

オープンアクセス政府サイトは、クッキーを使用します。 さらに詳しく。大丈夫ありがとうござい

ソースリンク

READ  Covid-19にもかかわらず、東京、2020が優位を希望、日本のオリンピック熱心なファン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close