日本で最も高い330m超高層ビルの麻布台ヒルズが東京にオープン

Estimated read time 1 min read

日本で最も高い超高層ビルが金曜日に東京の中心部に開かれ、オープン初の営業日に、訪問者は自然豊かな330メートルの高さの東京の新しいランドマークへの期待を表現しました。

毎年約3,000万人の人々がAzabudai Hills Mori JP Towerとその周辺施設を訪問すると予想されると6,400億円(43億ドル)規模の団地を開発したMori Building Co.が述べた。

5階から52階まで事務所が入っている64階建てのタワーは、以前のタイトル保有者だった大阪の阿倍野ハルカスを30mより上回り、高さは333mの東京タワーとほぼ合う。

建物は広々とした緑地で、Aman Resortsの高級ホテルの客室122室、住宅用客室1,400室を収容するAzabudai Hills複合施設の主な特徴です。 高級レストラン、高級店、チームラップのデジタルアートミュージアム、イギリスの学校もこの複合施設にあります。

大阪府でここを訪れた50代女性は、「阿倍野ハルカスより背が高いというのが印象的だ。 このように魅力的な観光地が増えるのは良いことだ」と話した。

ただ近くに住む70代男性は「オープンが話題になって本当に期待になった」と話した。

このプロジェクトの目的は、地震などの自然災害に弱い小規模の木造住宅が密集していた地域を変え、再建することでした。

「現代都市の町」というスローガンの下、8.1ヘク​​タール規模の複合施設は、できるだけ多くの緑地を含むように建設され、全面積の約30%が緑の空間として確保されました。

東京都港区麻布台エリアに位置するこの団地は、神谷町駅と六本木丁目駅から徒歩約5分です。

2023年11月24日、日本の東京港区で日本最高層ビルの森JPタワー(330m)を備えた麻布台ヒルズ複合団地の開館式が行われている。 (刑務所)==刑務所


関連プレス:

日本最高層ビル、東京開場前に公開

日本で最も高い超高層ビルの建設が東京駅近くで始まります



READ  人気ジンバル搭載カメラの後継モデル「DJI Pocket 2」登場、写真、動画も撮影機能向上| TechCrunch Japan
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours