トップニュース

日本で最高のシェフグループ、中国に和食テーマパークをオープン

日本最高のシェフで構成されたグループが世界2位経済大国で日本食文化をさらに大衆化するための努力の一環として中国にテーマパークをオープンします。

Chefoodo氏は最近、プレスリリースで主要な中国食品大企業Bright Food(Group)Co.と協力して双方向施設に命を吹き込み、訪問者に様々なスタイルの日本料理を学び、味わう機会を提供すると述べた。

2018年8月、グループランチを祝うために東京で行われたイベントに、Chefoodoのトップシェフと他のメンバーが集まりました。 (写真提供:Chefoodo)(Kyodo)

報道資料によると、6月末にブライトフードと業務提携を締結したグループは、7月上海に現地法人を設立し、両国シェフと食品産業間の交流を活性化した。

このパートナーシップには、日本の食品文化を促進するためのテレビ番組の制作、中国の消費者のための加工食品生産工場の建設、日本の特産品の導入による食品関連の貿易発展などが含まれます。

近年、中国本土の日本食堂の数は、日本の文化への意識の増大と国民の娯楽の影響で急激に増加しました。

3月に発表された日本貿易協会(Japan External Trade Organization)の報告によると、2019年基準で中国には約65,000の和食レストランがあり、これは5年前に比べて3倍以上増加した数値で、上海にのみ3,700以上のレストランがあります。

イタリア料理シェフの片岡真守が議長を務めるChefoodoは、飲食産業の育成のために2017年4月に設立されました。

グループは、料理学校の校長であるYukio HattoriとTVシリーズIron ChefでIron Chef Chineseの役割として知られるChen Kenichiを含む34人の専門シェフで構成されています。

Bright Foodは、2006年に上海市当局と提携して食品事業の問題を​​統合する会社として設立され、食品加工や流通を含む様々な事業を運営しています。


関連する適用範囲:

日本、タイ、食品輸出イニシアチブを開始

機能:マスター醸造所がライバル、醸造所の相続人に伝統を教えます。

日本の2021年の農産物輸出は、感染症の中で9年ぶりに最高記録を更新しました。


READ  IMF、スリランカ、日本参議院選挙運動、G7首脳会議へ向かう

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close