トップニュース

日本で服務中の猫城主

歴史ある城の「永住」の役割をする猫が、日本の西岡山県で観光客を迎える義務で年末休暇を終えて帰ってきました。

高橋市櫻中松山城の名誉領主は山州路として知られています。 猫グランデは、2018年にこの地域に深刻な被害を与えた大雨の後、自発的に引っ越しました。

都市の観光当局はついに、山州路を彼の新しい領主の領主として指名した。 この領主は海抜430メートルの日本で最も高い城の一つです。

お正月連休の一週間を過ごした後、三十郎と市公務員は火曜日に市内神社を訪れ、2022年の縁起を祈りました。

山頂の隠れ家に戻り、Sanjuroは中国12年の動物である虎に似たデザインのヘッドギアを使っているのが見られました。 彼は一般的に彼のお気に入りの麦わらマットの快適さから訪問者を歓迎します。

虎のような縞模様があり、今年が三十路の年だと関係者は伝えた。 彼は、サンジュロがコロナウイルス感染症のために観光客の数を減らすのに役立つことを願っていると述べた。

READ  [菊花賞 예상]無敗でここまで到達すると、3冠はすでに目の前 - 柏木集保 - netkeiba.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close