トップニュース

日本で母親に感染した可能性があるCOVID赤ちゃん

日本の研究者は、新生児が母親からコロナウイルスに感染したと推定されるました。

日本の小児科学会の会員たちは、日本全域に小児病棟がある1,124個の医療施設を調査しました。

去る8月末までに31個の施設の全52人の新生児がCOVID-19にかかったお母さんを患っていることがわかった。

新生児のうち一人はコロナウイルスの陽性反応を見せたが、赤ちゃんは健康上の問題がないとします。

このグループは、コロナウイルスの母子伝播が疑われる海外の報告があると言いました。

このグループのリーダーである日本大学医学部盛岡イチロー教授は、母親が赤ちゃんにウイルスを感染させる可能性が低く、感染した赤ちゃんは、軽い症状を示す傾向があると言います。 彼は妊婦があまりに心配する必要はありませんが、常に十分なワクチンの予防措置を取るべきだと述べた。

READ  日本は伝染病の懸念で約2%下落し

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close