トップニュース

日本で注目すべきアメリカ品種:2022年4月9-10日

午後3時50分
戻る: 共有ニュース

更新:2022年4月7日午後3時51分

Tom’s Ready(写真)はG2 New Zealand Trophy-bound Jean Grosの二服兄弟です。 | 馬の写真

によって

この連続シリーズでは、販売リングの系統および/またはパフォーマンスに重点を置いて、日本の競馬協会サーキットのトラックで来る週末に参加する米国系統および/またはインタランナーを事前に見ていきます。 今週末中山競馬場と阪神競馬場で走る興味のある言葉は次のとおりです。 阪神競馬場は、1600mを超える今年の日本クラシックの最初の大会であるG1岡ショー(日本式1000ギニア)を開催します。

2022年4月9日土曜日
11位 NKY、ニュージーランドトロフィー-G2、1億350万円 ($835,000)3歳、1mT
チャングロス(c、3、 準備以上– Broad BrushのGoodbye Stranger), $130K Keeneland 9月の買戻しが$265K OBS 3月のブリーダーに転換され、12月のChukyoで記録的な成功を収め、上場された上場種目で印象的な勝利を含む7回のポスト旅行のうち3回を勝ち、最後の2回はメートル法6パーロンを超えました。 この場所でMarguerite S. 2月27日。 (下記SC7参照)。 Blackstone Farmは、2013年1月にKeenelandでMGSWおよびGISP Tom’s Readyになる子牛を運ぶGoodbye Strangerを買収しました。 この雌馬は、2019年にKEEJANで子宮のこの子と一緒にNursery Placeで$120に再販されました。 Jean Grosは、グループレベルでこの最初の試みに対して1マイル。 B-Nursery Place & Partners (KY)

2022年4月10日日曜日
4位 HSN、9,900,000円 ($80,000)メイデン、3歳、1400mT
MOZU BONHEUR(f、3、 ストリートセンス– 無限のおしゃべり, by ファーストサムライ) 去る12月、Chukyoでデビュー戦で良い成績を収めましたが、17日後にこのトラックで草の上で9パーロン旅行を試みたとき、若干の改善が見られました。 $ 200K KEESEP 1年生の4月7日の子がEndless Chatterから出ました。 この子はこの繁殖者のシルクを持ってSaratogaのSummer Colony S.で勝利し、2014年にGI Beldame S.で3位を獲得しました。 Endless Chatter 、ここから7パーロンに戻ってくるOrnate(AP Indy)の娘であり、Claiborneの優れた故Pulpitの妹でありSW&G1SP Whitecliffsofdover(戦争戦線)。 B-アルファデルタ馬小屋LLC(KY)

購読者ではありませんか? 毎日のPDFまたは通知を申請するには、ここをクリックしてください。

この物語はShared Newsに掲載され、Alpha Delta Stables、hanshin、Horse Racing、Japan、Jean Gros、Keeneland、Mozu Bonheur、Nakayama、日本の注目すべきUS-Breds、Nursery Place、OBSのタグが付けられました.

READ  日本、車椅子ラグビー準決勝でイングランドに敗れ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close