トップニュース

日本で漂流すると思われる北朝鮮船が伝染病に墜落

10月から3月までの日本の海岸で漂流した北朝鮮で発生したものと推定される船の数は前年比90%減少したと、日本の沿岸警備隊が木曜日発表した。

6ヶ月の間に発見された船の数は、前年の141隻から減少し、合計13隻と沿岸警備隊は言った。 韓半島の状況の専門家は、今回の急落がコロナウイルス感染症に起因するものと推定されると述べた。

北朝鮮から来たものと推定される船2019年11月、日本の青森県海岸から海岸に失われました。 (写真提供:青森海上警備庁)(教徒)

北陸大学の福山裕介教授は「新型コロナウイルスの徹底国境管理を維持しようとする北朝鮮が日本海で不法漁業活動を自制しているものとみられる」と述べた。

北朝鮮から来たものと推定される船は、イカやその他の海洋生物のための肥沃な漁場を提供し、夏から冬まで、日本の排他的経済水域に位置する大和タイの地域で不法に運航することが知られています。 彼らは海で外国船舶に魚介類を販売します。

疑われる北朝鮮船舶のほとんどは小さく木で作られた。 台風や荒海で難破したら、秋から冬まで北西風のモンスーンで日本の海岸に漂流します。 船員の遺体がボートで発見された一連の事例があります。

日本の沿岸警備隊は、日本の海岸に浮上した北朝鮮から来たものと推定される船を立てたが、船舶を作成するために使用された木材と船体に書かれた文字と判断しました。

それは別の場所で、ビーチに漂流するのと同じ船体の個別部分を計算しました。

集計によると、2018年10月から2019年3月の間に219隻の疑われる北朝鮮船舶が発見された後、翌年には141隻に減少しました。

日本の沿岸警備隊の船がEEZで違法運航する外国船舶を発見した場合、警告を発行して船舶がその地域を去るように促します。 外国船舶が遵守しなければ沿岸警備隊は、水を排出するなどの措置をとります。

2019年、日本の沿岸警備隊は、ヤマトタイ地域とその周辺で、北朝鮮から出発したものと推定される1300隻以上の船舶については、これらの警告を発令したが、2020年には、そのような船舶による不法漁業の事例がないことを確認しました。

一方、沿岸警備隊は、中国船の不法漁業監視を強化している。 2019年に12個の疑われる中国の船が日本のEEZを残すように警告したが、2020年には、そのようなボート107個を目指しています。

福山は「中国が北朝鮮から漁業権を購入したかのように見えるため、中国がヤマトタイで積極的に漁業をしていると考えている」と述べた。

日本の海洋警備隊の関係者は、「水産庁スンチャルソンと協力して、状況に厳しく対処する」と述べた。


関連報道:

北朝鮮は、ウイルスの懸念が残っている中で遅く創設者の誕生日を迎えます。

日本は数年前、北朝鮮の主要な連絡官を失ってしまった


READ  西日本と東日本を中心猛烈な暑さ続き台風9号沖縄地方に接近 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close