日本で物理学入門書を点字化する

1 min read

科学社会技術


東京、5月29日(支持出版社) – 日本で科学者、視覚障害者、点字専門家たちが共に協力して物理学の先端研究に関する本を視覚障害のある読者のための文字体系に翻訳しました。

宇宙と物質の起源に焦点を当てたこの本は、翻訳に必要な特別な知識を考えると、日本では非常に短い点字科学図書のリストに参加しました。

高エネルギー加速器研究機関(KEK)研究陣が138億年前に宇宙がどのように生成されたのか、物質と地球、生命がどのように誕生したのか、最新の知識と最近の実験結果をもとに説明する本だ。 。

少なくとも、高校レベルの知識を持つ人々を対象としています。 3月に出版された原作は、講談社(株)のブルーバックス科学図書シリーズに含まれています。

翻訳プロジェクトチームには、KEKと視覚障害と聴覚障害のある人のための日本唯一の国立大学である筑波技術大学のメンバーが含まれていました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  私たちは、地球の進化の歴史で重要な瞬間を正確に指摘するために、より近づいている
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours