技術

日本で献血を促すポケモンゴ

日本の献血センターが大ヒットスマートフォンゲーム「ポケモンゴー」に登場し、コロナ19で日本の献血プログラムが困難を経験している時期に肯定的な反応を得ている。

Jiji Pressによると、一部のPokemon Goプレイヤーは10年ぶりにセンターを訪問し、血液を寄付しました。

プログラムを運営する日本赤十字社関係者は「このゲームは献血プログラムについて学ぶための途方もない機会を提供する」と話した。

ポケモンゴーでは、東京をはじめとする日本中部と東部関東・甲信越地域の45の献血センターがゲームアイテムを得ることができる「ポケットストップ」に変わった。

協会のKanto-Koshinetsu部門によると、センターの追加は、アプリ開発者の米国ソフトウェア会社Niantic Inc.が昨年11月に提案しました。

日本が最新のCovid-19事前緊急措置を完全に終了した後、今年3月23日にセンターが追加されました。 日本ユーザーの間で「ラッキー」として知られる「チャンシー」は、卵を共有して傷を癒すポケモンキャラクターだと報告書は付け加えた。

プレイヤーは献血センターを訪れると、ゲーム内で特別な贈り物を受け取ることができます。

社会は、コロナウイルス感染の急増によって会社や他の組織の団体献血が繰り返し取り消されることを見ました。 – ベルナマ

Kanto-Koshinetsu事業部の関係者は、Nianticの提案に「非常に感謝します」と言いました。

関係者は「献血センター休憩所でポケモンゴーをする人々が見える。10年ぶりに初めて訪れる方もいる」と話した。 「訪問者が増えていることを感じます。

Nianticの関係者の言葉を引用して、Jiji Pressは「Pokemon Goの最善の点は、ゲームがプレーヤーに外に出て新しい場所を発見する機会を与えることです」と述べました。

関係者は「一度も献血をしていない方が(献血センター)に意欲を感じたらとても嬉しいだろう」と付け加えた。 – ベルナマ

READ  Embracer Group、ボーダーランドメーカーGearbox Entertainmentを13億ドルで買収

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close