トップニュース

日本で環境に優しい年賀状の販売開始

環境保護への配慮を表現するために、違法伐採されていない森林で生産された国際認証用紙を使用した2022年年賀はがきが今週日本全土で販売されました。

Japan Post Co.は現在、多くの人が季節の挨拶でソーシャルメディアを使用しているため、最初に約18億3,000万枚の郵便料金を支払った「nengajo」はがきを発行しています。 2004年以来最も低い数値です。

景気低迷は、コロナ19ファンデミック(世界的大流行)によるコスト削減努力の一環として、企業の需要の弱化にも起因する。

2021年11月1日日本全域でポストカード販売が始まった東京で郵便局職員が環境に優しい紙を使用した2022年年賀状サンプルを見せている。 (刑務所)

2022年は12弓道下の虎の年で、日本郵便局は動物に関連したイラストが入った特別なポストカードを用意しました。

はがきに書かれた数字に応じて、「オトシダマ」のお正月プレゼントを贈呈する抽選の1位は、現金30万円(2600ドル)または電子マネー31万円相当の贈り物のいずれかだ。

郵便局は12月15日から年賀状の受付を開始し、会社は元日宅配便発送推奨期限は12月25日に設定した。

鬼怒川和秀日本友情社長は、月曜日に東京で開かれた販売開始記念式で「SNSのようなデジタルコミュニケーションが主流になったが、人々がねんが槽を通じてお互いの考えや感情を伝えてほしい」と話した。

JR東京駅近くの郵便局でカードを購入した東京に住む職場の中村由香(49)は、「在宅勤務をたくさんしてみたら、見た仲間にねんがぞカードを送りたい。 今年」

READ  中国の船舶2隻が尖閣島で日本の領海に入る、World News

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close