理科

日本で発見された先史時代に飛ばない「白鳥」、新しいアヒル種として確認





2022年4月28日、群馬県庁舎で開かれた発表会で「安中小羽白鳥」の化石化された遺跡が見られます。 (毎日/川内隆志)

MAEBASHI – 群馬県安中市で発見された飛べない鳥の化石が以前に知られていなかった鴨種として確認されたと群馬自然史博物館が発表しました。

安中のハライチから約1,150万年の地層で発掘された「安中古羽白鳥」が、京都大学との共同研究を通じて分類されました。 絶滅した鳥は子を背中に乗って通ったと思われます。

「白鳥」は、2000年にアナカの素人化石コレクターHajime Nakajimaによって発見されました。 最初は鳥が飛ばないように進化したと推測されました。 しかし、研究者たちは、後で他の鳥からは見られない隆起した肩骨を含む特徴に基づいて、子を「ピギーバック(piggyback)に進化した」新しい属の新しい種と結論しました。 発見された場所と発見者の名にちなんで学名「Annakacygna hajimei」が与えられました。

研究に参加した京都大学大学院助教授である松岡博重は、鳥の進化過程が「天敵の欠如」によって推進された可能性があると説明した。

下顎骨はかなり曲がった形で研究チームはこの紙の口から海水を広げてプランクトンと水生植物を捕獲するフィルターフィーダー(filter feeder)であることを明らかにした。

Annakaは、世界で最も古い海洋イルカの化石が発見された場所でもあります。 松岡は飛べない白鳥に言及し、「こんなに多様な海の生き物に加えて、とても興味深い生活様式を持った鳥を発見しました」と語った。

群馬県富岡にある博物館は、安中小羽白鳥のオリジナル化石と全身複製骨格を6月12日まで展示します。 博物館は月曜日の休館です。 訪問者は博物館のウェブサイトを通じて場所を予約する必要があります。

(日本語原稿:高橋川一、Maebashi Bureau)

READ  NASA火星ヘリコプターの写真に登場するスターウォーズデススター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close