トップニュース

日本で米軍の活性COVID-19事例の数が減少し続け – 太平洋

日本で米軍の活性COVID-19事例の数が減少し続け

Stars and Stripesはコロナウイルス感染症の話を無料で提供しています。 ここで、より多くの従業員とワイヤストーリーを参照してください。 ここで毎日のコロナウイルスニュースレターに登録してください。 購読に私たちのジャーナリズムをサポートしてください。

日本の米軍は金曜日言葉と月曜日の午後6時までの間に2件の新しいCOVID-19の事例を見ており、首都は週末1月以降再び最も高い数値を記録しました。

沖縄キャンプ・ハンセンの二人が週末コロナウイルス、呼吸器疾患であるCOVID-19にかかったと海兵隊のインストール太平洋月曜日フェイスブックページに発表した。

米軍の日本は木曜日週の更新で、全国11施設で23件のコロナ19発症事例が報告されました。 7つの塩基には、それぞれ1人の感染者があった3つの塩基には、それぞれ3つの感染者がありました。 キャンプ・ハンセンは、月曜日レポートと一緒に9人を記録した。

公営放送NHKとメトロ政府データによると、東京は月曜日に、過去2日間1,000件を突破した後、573件の新型コロナウイルスの例を報告した。 月曜日の合計は、一般的に週の中で最も低くなります。

ソウル市は土曜日1,121人、日曜1,032人を申告した。 市は日曜日、現在1,918人の大流行の死者を報告した。

NHKによると、この都市の7日移動平均は、月曜日にほぼ800人であった重症コロナウイルスの患者の数は、78人に増加しました。

NHKによると、全国で二番目に大きな都市圏である大阪府は月曜日668人の新型コロナウイルスの患者と15人の死亡者が報告されました。

県のデータによると、これは土曜日に1,021件、日曜日に874件の1日の新規件数で減少しています。 県は感染症が原因で1,730人が死亡したと報告した。

東京、大阪、および近隣の賢人兵庫と京都は今月の残りの金曜日に、公衆衛生の緊急事態を宣言しました。

韓国でムン・ジェイン大統領は月曜日に放送された演説で韓国人たちがコロナウイルス感染症の迅速な対応と国家の急速な経済回復を褒めました。

ドア大統領は、政府が提供した発言の翻訳版によると、「韓国が他の先進国よりも模範的な国に浮上すると予測できなかった」と語った。 「しかし、我々はそれをやった。 経済協力開発機構(OECD)37カ国の中で最も早くコロナ19以前の水準に経済を回復することができる国になるとは誰も想像できませんでした。

「しかし、我々はすべての期待を上回る成果を収めました。」と彼は言いました。

韓国疾病管理本部によると、全国で約420万人が予防接種を受け、人口の1%である501,540人だけが予防接種を受けた。 韓国はファイザー – バイオエンテク2回のワクチンとアストラゼネカ1回ワクチンを投与している。

韓国はまだ第四波に対処しているが、毎日の事例数が再び減少し始めました。 それにもかかわらず、世界保健機関によると、米国では、土曜日701人の新しいCOVID-19患者を報告した。

日曜日KDCAは、別の436人COVID-19にかかったと報告しました。 ソウルは136個、キャンプ・ハンフリーズと誤算空軍地位置する京畿道は135個報告された。

世界保健機関(WHO)によると、これまで韓国の第四波は4月23日797件頂点を撮りました。 ジョンズホプキンスコロナウイルスリソースセンターによると、4月は19,000件以上の新しいCOVID-19の事例として、米国で二番目に最悪の月でした。

最悪の達人12月には27,000件以上の事例が発生しました。

[email protected]
ツイッター: こんにちは。

READ  日本航空、全日制の代替燃料としての初飛行運航 - AirlineGeeks.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close