技術

日本で行われた自己免疫細胞療法、現在Vinmec病院、GN Corporationの技術移転後、ベトナムのハノイでの癌患者の治療に役立つ

東京–(ビジネスワイヤー)–自分の免疫細胞、自然殺害細胞(NK)、T細胞を用いたがん治療 自己免疫増強細胞治療薬 (AIET)は、従来の化学療法、放射線療法、手術とともに、日本で長年にわたって実施されてきました。 ハノイ ビンメック病院ベトナム、次 技術移転 ~によって ジーアンコーポレーション。 隣国のがん患者がこの治療のためにビンメク病院を探している。 自己免疫細胞治療剤で調節 日本の再生医療法動物性タンパク質や遺伝子操作なしで実験室拡張自己免疫細胞を使用してください。

AIETと温熱療法の利点: しながら 追加することで、がん患者の生存率の増加が報告されました。 免疫細胞療法 日本で開発された温熱療法システムは、従来の治療療法に加えて 結果を改善する 摂氏42度以上の高温で損傷を受けやすいがん細胞を標的とするがん治療法。 このような追加のがん治療を海外病院に普及させるために、GNC Japanは医療機器メーカーの山本ヴィニタと協力しています。 サーモトロン日本で承認された最初の悪性腫瘍治療用温熱療法装置で、現在まで6カ国300以上の病院に設置されています。 それだけ 最新のThermotron-RF8-EX バージョンは8MHZ無線周波数を備えたスタンドアロンシステムで、目や脳を除く全身の表在性および深部固形腫瘍を治療するためにさまざまなサイズの電極を組み合わせて使用​​します。

Thermotron RF8-EXの顕著な機能:

このようながん治療法を提供する日本の病院は、治療のために海外で患者を受けます。 最近、海外のがん病院は、臨床腫瘍学サービスで既存のがん治療システムにこれら2つの治療法を追加することに関心を示し始めた。

GN Corporationの業績は、学際的相互作用を通じて日本の技術に価値を加え、新たな医療ソリューションを開発し、グローバル普及を通じて日本政府が発表した。 公式YouTubeチャンネル 日本首相室ジェット 日本に投資する ドア で後援する特集ストーリー 日本政府は ブルームバーグ

READ  Huawei製の独自OS「HarmonyOS "が2021年にHuawei製スマートフォンに搭載される可能性 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close