トップニュース

日本で行方不明のクルーズ船の構造活動本格化:NPR

消防士が日曜日、北海道北部の島シャリで救助された人を移送している。

仙石コキ/AP


キャプションを隠す

キャプショントグル

仙石コキ/AP

消防士が日曜日、北海道北部の島シャリで救助された人を移送している。

仙石コキ/AP

東京 – 日本海岸警備隊は、日曜日の救助ヘリコプターが前日から日本北部の寒い海で行方不明の観光船で26人中9人を発見したが、状態は知られていないと明らかにしました。

一方、交通省は土曜日の悪天候にもかかわらず、安全基準とツアーを行うことにした決定について、ボート運営者の調査に着手しました。

斎藤哲夫交通商は、日曜日に現地を訪れた記者たちに、「今回の事態の原因と別の事故を防ぐために、どのような安全監督があったかを徹底的に調査する」と述べた。

Saitoはまた、土曜日の事故が昨年同じボートに関連する以前の2つの事故に関連しているかどうかを調べると述べた。 オペレータは、事故後の安全を改善するための措置を講じるように指示されました。

海警は去る6月のような船がこの地域で座礁されたと確認したが、この事故で怪我をした人はなかった。 去る5月には船が海で物体と衝突し、乗客3人が軽い負傷を負った。

救助隊は日曜日早く捜索を強化し、数時間後に知床半島の端から4人が、同じ地域で5人がさらに発見されたが、彼らが買ったまま構造されたかどうかは確認できないと海警が伝えた。 NHK公共テレビは、彼らは意識がないと述べた。

沿岸警備隊は、土曜日に船が救助要請を送った北の半島の端近くの地域で9人のすべてが発見されたと述べました。 場所は岩の多い海岸線のためにボートを操縦するのが難しい場所として知られています。

NHKの映像には、救助された人の一人がヘリコプターに到着してストレッチャーに載せられ救急車に運ばれる一方、救助者たちは私生活を保護するために青いプラスチックシールドを持っている姿が収められた。

土曜日行方不明のクルーズ船が日本北海道のこの漁港を出発しました。

APによる刑務所ニュース


キャプションを隠す

キャプショントグル

APによる刑務所ニュース

土曜日行方不明のクルーズ船が日本北海道のこの漁港を出発しました。

APによる刑務所ニュース

船の名前が書かれたオレンジ色の四角い人命構造用フロートは岩だらけの海岸でも見えた。

子供2人を含め、乗客24人と船員2人が乗ったこの船は、水に浸って沈み始めたと救助要請を送った後、行方不明になった。

日曜日の構造に関する最初の報告は、6隻のパトロール船、複数の航空機、およびダイバーを含むほぼ19時間の熾烈な調査の終わりにありました。 沿岸警備隊は一晩捜索を続け、以後地域漁船とクルーズ船が合流して捜索を拡大し、自衛隊は駆逐艦と3機の航空機を派遣したと明らかにしました。

19トン級Kazu 1号は土曜日の午後早く北海道北部島知床半島の西海岸を航海中の船の船頭が浸水して沈んで傾き始めたと緊急呼んだと海警が明らかにした。 。

沿岸警備隊によると、ツアーボートは以後連絡が切れた。 まだ17人が行方不明です。 沿岸警備隊は、オペレータはボートのすべての人が救命胴衣を着ていたと言ったと言いました。

知床国立公園の4月の平均海温はマイナスの気温です。

船舶運営会社の知床プレジャークルーズ(Shiretoko Pleasure Cruise)の関係者は、心配な乗客家族の電話に応じなければならなかったため、言及できないと話した。

日本南部熊本で2日間の首脳会談に出席した岸田文夫首相は、2日目の日程をキャンセルして東京に帰ってきた。 彼は日曜日の早い時間に記者たちに「構造のためにできることをすべてしなさい」と管理者に指示したと述べた。

事故の原因はまだ調査中や専門家らは安全消ホールがあったと推定しており、激しい波と岩投げが海岸線として知られる地域の荒い海で船が座礁して破損した。

地域水産協同組合によると、正午ごろが一帯で高い波と強い風が観測された。 日本のマスコミは、悪天候のため漁船が正午以前に港に戻ったと伝えた。

NHKは、最大3メートル(9フィート)の高い波に対する警告があったと述べました。

他の運航会社に所属するクルーズ船乗務員は、NHKに一号乗組員を発見したときに荒い海に対して警告して行かないと言ったとNHKに話した。 彼は昨年、同じ船が座礁して船首にひびが入ったと言った。

山田義彦(Yoshihiko Yamada)東海大学海洋科学教授は、ボートが高い波にさらされ、破損、浸水、沈没した後に座礁した可能性があると述べました。 その大きさのクルーズ船は通常救命艇を運ばず、乗客は強風から身を守るために窓を閉めた可能性がある急速に沈む船を脱出できなかったでしょう。

TBSテレビとのインタビューで、ヤマダはボートがクジラに当たった可能性も少しあると述べた。

水構造と生存研究協会副会長のJun Abeによると、寒い温度と強い風は低体温症を引き起こし、乗客を生き残るための過酷な条件に陥ることがあると言います。 安倍首相は、TBSとのインタビューで「特に濡れた時の状況は非常に深刻だ」と語った。

運営者のウェブサイトによると、このツアーは約3時間かかり、半島西部の海岸の美しい景色を提供し、クジラ、イルカ、ヒグマなどの動物の潜在的な観察が含まれています。 国立公園はユネスコ世界文化遺産に登録されており、最南端に漂う海氷を見ることができる地域として有名です。

READ  コンセンサス構築者Fumio Kishida、日本の次期PMになる態勢:NPR

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close