日本で調査した子供の約半分は本を全く読んでいません。

1 min read





(ゲッティイメージズ)

東京 – 日本の2週間の「本週間」を控えて発表されたアンケートでは、約半分の子供が本を全く読んでいないと答えたのに対し、本をたくさん読んでいる子供は自分の学業能力に自信を持っていることがわかりました。

ベネッセ教育研究所は去る10月27日から11月9日まで2週間行われる日本図書広報行事を控えて小学校~高校生の子どもを置いた約2万世帯を対象に実施したアンケート調査結果を分析して発表した。 2015年から東京大学社会科学研究所と共同で行われた。

その結果、2022年の子供の1日の平均読書時間は15.2分で、2015年より3分減少したことがわかりました。 性別では、男の子は1日平均13.7分、女の子は16.4分間本を読みました。

約半分の子供(49%)が一日に「0分間」本を読むと答えました。 「0分」と答えた児童の割合は、1~3年生が30.2%、4~6年生が45.5%、中学生が53.5%、高校生が66.7%で、学年が上がるほど読む傾向がある子どもは少なかった。

家具蔵書の数を見ると、100冊以上の本を保有している家庭の児童のうち29.4%が「0分」の間に本を読むと答えました。 30~99冊の本を保有した家庭の児童は35.3%、30冊未満の図書を保有した家庭の児童は47.6%とその割合が増加したが、これは本が少ない家庭の児童が本を多く読まないことを意味するします。

また、親が読書の重要性を子供に伝えた家庭の子供のうち、34.8%が読書時間を「0分」と答えたのに対し、親が読書の重要性を子供に伝えていない家庭の子供は55.6%が同じ回答をしたことが分かった。 。

小学校入学前の子供の読書頻度と後の読書時間との関係をさらに詳しく調べるために、Beneseは子供の小学校1年生と中学校2年生の間の7年間の変化を分析しました。

週に4日以上本を読んだ子供たちの1年生の読書時間は18.6分だった。 彼らの平均読書時間は6年生の時25.6分で最も高く、中学校2年生の時は20.6分だった。

一方、週1回未満の読書をした児童の平均読書時間は、1年生8.8分、最高潮5年生16分、中211.3分となった。

また、若い年齢で読書習慣を持つことになった子供たちは、後で読書を続ける可能性が高いことがわかりました。 1年生の時に1日67.9分ずつ本を読んだ子供たちは、中学校2年生になっても依然として本を読む時間があった。

本をたくさん読んでいる子どもたちは、学習に苦労しにくいようです。 読書時間の長い子どもたちは、図表と表の理解、論理的思考、長い文章の読解と理解、思考を書く要約の能力が少なく読まれた子どもよりも「よく」と答えた子どもが多かった。

(ビジネスニュース部 島田裕子の日本語オリジナル)

READ  週に2回8,000歩歩くと死亡リスクが減少
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours