トップニュース

日本で23,000年の有色ビーズを発見 – ARTnews.com

先週、日本で最も古いものとして知られている人工着色ジュエリーの発見が公開されました。 たとえ マインチ 報告 23,000年のビーズが5年前に実際に発掘されたという事実を明らかにしたこの発見は、日本那覇の沖縄県立博物館および美術館で初めてのラインを見せることを予想し、今月のみ公開されました。 初期創作発達の代表的な事例に挙げられるビーズは、旧石器文化に関する貴重な情報を提供すると期待される。

ビーズは牙の殻から彫刻され、赤い顔料で塗られ、殻の溝に痕跡だけが残ります。 沖縄沿岸の崎田洞窟で発見され、約23,000年前の旧石器時代後期と推定されています。

先史時代の考古学を専門とする名古屋大学博物館の講師である柏木浩二氏はこう述べています。 Mainichi. 「装飾用品はコミュニケーションの道具として使用された可能性があります。」

同じ洞窟で人類の歴史の注目すべきいくつかの異なるオブジェクトが発見されました。 その中には、世界で最も古い釣り針(これも牙の殻で作られています)とクレヨンのように使用された顔料の塊があります。 15,000年前の縄文時代まで、代々ずっと人が住んでいた洞窟です。

このビーズは今月初めに開かれた人間、沖縄デュゴン(近く海で発見される絶滅危機に瀕した哺乳動物)、サンゴ間の交流に関する展示会の一環として現在展示されています。

READ  日本、高齢運転者に焦点を当て

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close