トップニュース

日本でCOVID-19の予防接種後じんましん、冷えて

日本政府は、土曜日コロナウイルスワクチンによる潜在副作用でじんましんと冷えについての報告を受けたと述べた。

日本でコロナ19予防接種の副作用の可能性を確認したのは今回が初めてだ。 室は先週の金曜日、日本中部富山県の病院でハチの巣の事例が発生したツイートを介して明らかにした。

富山ロジャイ病院は予防接種後の人からじんましんが発生したが、症状はすぐに消えたと述べた。 病院は、その人の詳細を明らかにするを拒否した。

病院は県にある他の病院と一緒に金曜日から医療従事者へのワクチンを投与し始めました。 この日48人病院で予防接種を受けました。

国防部と他の管理者は冷えた事例が、最初はアナフィラキシーの症状で報告されて、後で撤回されたと述べた。 国防部はこの事件がどの県で見ていることを明らかにしなかった。

日本は水曜日に全国100の病院の医療従事者4万人を対象に予防接種を開始しました。 米国の製薬会社Pfizer Inc.とドイツのBioNTech SEが開発したワクチンの重篤な副作用についての報告はありません。

コロナ19予防接種後の副作用で死亡すると遺族に対する補償金として政府が4420万円(41万9000ドル)を支給すると保健省は言った。

40,000人の医療従事者で構成され、初期のグループのうち、20,000人がワクチンによる潜在的な副作用を追跡する研究に参加しています。 二回のショットの最初のショットを撮影した後、7週間毎日記録を保持するように求められます。 注射は3週間の間隔で実施されます。

READ  ヨドバシカメラPS5予約抽選申し込み今日9月23日10時まで - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close