エンターテインメント

日本でK-pop文化ブームと反韓感情が混ざった背景は何ですか?



住民が2020年9月20日、神奈川県川崎市JR川崎駅前で嫌悪発言集会を重ねてきた団体に抗議している。 (Mainichi/Jun Ida)

TOKYO – 約20年前、主要ヒットTVドラマシリーズ冬のソナタが日本の韓流、つまり韓流熱風を起こしました。 その驚異的な波は広がり続け、K-popをはじめとする様々な分野の文化が日本社会にしっかりと根付いているという感じがします。

しかし、韓日間の政治的葛藤を背景に反した感情も沸き立っている。 在日朝鮮人「在日同胞」を狙った嫌悪発言と反日感情という非難もオンラインと随所で絶えずある。 なぜそのような不一致が発生し、この矛盾した状態と愛撫関係の背後には何がありますか? 毎日新聞はこの質問について専門家と一緒に座りました。

まず韓流の簡単な歴史を見てみよう。 ドラマ冬のソナタは2003年NHK BS衛星チャンネルを通じて初放送された。 翌年放送の本館であるNHK総合テレビで放送されたこの番組は主演俳優ペ・ヨンジュンとチェ・ジの純粋なラブストーリーを盛り込んだ。 – ウーが爆発的なヒットを記録した。 2004年、日本ファンの間で「ヨン様」という愛称で呼ばれたペさんが国内を訪問した時、多くの女性ファンが彼を見るために空港に集まって社会的な現象といえる熱風が誕生した。

1次韓国ブーム当時、日本では中年女性がファン層の中心だったが、少女時代とも呼ばれる少女時代と日本で「東方神起」として知られる東方神起のようなK-POPアイドルが2010年頃から本格的な日本デビューをしながら若い層を合わせる第2の波が起こった。 この遺産は、世界的に人気のあるボーイズグループ防弾少年団が率いる第3のK波につながり、その後に続いてコロナウイルスの大流行の中で在宅エンターテイメントに対する需要の産物である第4の波が続きました。 自宅で過ごす時間が増えて「愛の不時着」、「梨泰院クラッツ」など韓国ドラマが動画ストリーミングサービスネットフリックスで視聴率を高めている。



韓国俳優ペ・ヨンジュンが2004年11月25日成田国際空港で多くの女性ファンに囲まれた姿を見ている。 (Mainichi/Yoshinori Matsuda)

「冬のソナタ当時、そのドラマの人気は、中長年層の女性視聴者たちの若さに対する懐かしさと憧れを描いた。 だが今は多くの人々、特に若い人々が楽しんでいるようだ。 韓国の大衆文化をこの時代の最新トレンドで、これらを「素敵な」芸能人として、憧れの対象と考える。 西洋のトップスターたちと並んでその人気をポジショニングできるようだ」と話した。

日本と韓国の青少年文化に精通した社会学者であり、日本中部ドコハ大学の副教授である福島みのりの言葉だ。 彼女は特に日本の若者の変化に注目する。 「過去には若くても韓国の大衆文化と距離を置く男性が多かったが、最近は私たちの大学の男子生徒たちが髪を緑色やピンク色に染色し、「これがKポップファッションだ」と言う男子学生がいる。 アーティスト。 韓国文化が少年たちにもますます好感が行くようです。

内閣府が実施した2020年会計年度調査によると、韓国に対して好感を感じるという回答が34.9%である程度愛情を感じるという回答を含んだ。 結果を詳しく見てみると、回答者グループ間の見解の違いが示された。

まず、韓国に対する好感を感じるという男性は27.0%、女性は42.5%で男性より15%ポイント高かった。 年齢別では60代と70代以上で国家と親密感を感じる割合がそれぞれ30%未満だった。 この割合は40代と50代でそれぞれ30~40%、30代から40~50%に増加した。 29歳以下も同じ回答が54.5%だった。 男性に比べて女性と若い世代は韓国に対する嫌悪感が少ないと見ることができる。

これらの結果はまた、福島が学生からよく聞く事件に基づいて全体的に福島の見解と一致し、ほとんどは韓国で留学したいと言うとき、父親や祖父から反対を受ける傾向があります。



ドラマセット場を再現した「愛の不時着」展示が2021年1月7日東京渋谷区で撮影されている。 (毎日/小野由香子)

「過去、日本の植民統治を土台に韓国を浅く見つめる意識を老化した男性が内面化する部分があると思います。 一方、外国為替危機以降(1990年代後半に大きな被害を受けました。) 2000年代を中心に韓国は文化および情報技術産業の育成を通じて国力を強化し、その結果今のように韓国文化の大衆化にも寄与した。 福島は「国際的地位が高まった日本と韓国の一種の逆転」とし「特に日本の老年層は、このような事実を認めないか、むしろ消極的にしているようだ」と話した。

その点で、10代と20代の若者たちは韓国を後進国とみなさない。 これはテレビ番組を見る方法でも明らかになる。

福島氏は「例えば「梨泰院クラッツ」は若い層に人気が多い。俳優たちが魅力的であるだけでなく、作品にもトランスジェンダーキャラクターが出てくる。様々な国籍や民族、様々なキャラクターを持つ人々が一緒に暮らす都市でドラマで描写なるソウルの描写をめぐる賛辞もある」と話した。

年齢層によって違いはあるが、日本で韓国文化が広く受け入れられたということは否定できない事実だ。 韓国ドラマにすっかり抜けた老人も少なくない。 韓国料理の普及はさらに目立った。 かつて在日朝鮮人を笑った象徴物だったキムチは、現在多くの家庭の食卓で見ることができる。

在日同胞3歳の李記者もこのような状況を歓迎する。 しかし、これがまさに反韓感情が持続するのが残念な理由でもある。

福島氏は「韓日間の政治的葛藤があるだけに(韓国に対する)厳しい感情を振り払えない人々がいるのはある程度仕方がないと思う。 その問題を別々に処理します。」と同時に韓国に対する敵対感には両面があると指摘した。一つは「劣った」とみなされる相手を侮辱することで自尊心を高めようとする衝動です。もう一つの側面はこれを通じて利益を得る企業あるということです。

「最近、韓国の社会的分裂を過度に強調し、生きにくい国として描写する本をよく見ます。 北バンドには「この国は地獄だ」、「資本主義はあまりにも過度だ」といったフレーズが含まれています。 そしてタイトルに。 このようなことも嫌悪表現のような面があるようです。 若い人たちがこれらの本を見ると、「韓国は本当に恐ろしいです。 日本で生まれてよかった」と言うこともあります。



Tokyo’s “Koreatown” in the Shin-Okubo area of​​ Shinjuku Ward is seen in this image taken on Sept. 20, 2021. (Mainichi/Yukinao Kin)

韓国が社会階層間の格差がさらに広がっている反面、青年層の労働問題が政府の主な課題として残っているのが事実だ。 しかし、福島は先に述べた本が「韓国に対する実質的な理解に寄与できない」という点が問題だと指摘する。

若者たちの圧倒的な支持を得た韓国大衆文化の世界でも惚れた感情が、その強い影響力の望ましくない副産物として生まれる事例がある。

福島県はこれに対する明らかな例として、3年前防弾少年団(BTS)のメンバーが着用したTシャツに被爆キノコ雲が印刷されているという事実が明らかになった後に発生した論議を引用した。 オンラインでの反発に伴い日本のテレビ音楽放送出演がキャンセルされ、反日的視覚を持ったファンの間でも失望が広がった。

「多くの場合、若者たちはKポップとドラマとの関係を通じて、良いか悪いか、韓国という国と関係を結んでいます。彼らは歴史と過去の出来事とは何の関係もないと思います。を経て衝撃を受けるのは、日本社会が政治と距離を置かなければならないという信念を植える傾向と、日本の歴史に対するきちんとした教育を受けられなかったという事実ではないかと思う。朝鮮半島植民統治」



Tokoha大学副教授福島みのり(Minori Fukushima)が提供したこのイメージで見ることができます。

では、韓国国民は日本をどう見ているのだろうか?

日本非営利団体ジェンロンNPOと韓国東アジア研究院が今年8月から9月まで共同で実施した世論調査によると、韓国人の20.5%が日本に対して良い印象や比較的良い印象を持っていると答えた。 年齢別では60歳以上18.3%、50代22.1%、40代15.7%、30代17.9%、30代29.5%の順で日本に対して良い印象を持っていると答えた。 全体的には低かったが、10~29歳の若者たちが日本に対して最も好意的な視点を見せ、これは日本国民の年齢別の韓国認識と同様の傾向を示した。

さらに、韓国の若者たちも衝動的に反応する傾向が似ている。 2年前の人気アニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」のアニメーターがTwitterで展示「慰安婦」を象徴する銅像について否定的なコメントをつけました。 シリーズの物が海外のファンが多い日本作品であるにもかかわらず論争になった文が共有されるやいなや韓国ファン層内部にはツイートを糾弾する声と残念が広がった。

福島氏は「慣れたことに関わる人の悪い言葉や行動を見たり聞いたりすると、当然気分が沈む。そのような点は韓国と日本の共通点だと思う」と話した。

これは、文化によって媒介される接続自体の制限があることを意味しますか? 福島は「結局は弱くても縁を結ぶことが大事だと思います。…人々がお互いの顔を見ることができる関係を築き、他の国で大切な友達を作れば憎悪表現などの行為をすることはできません」

「韓国と日本の関係が緊張している間、両国の間には文化的交流がありました。しかし、彼らは実際に同じコインの両面であり、私は世界で互いに近くにある2つの国があると思います。側面を玄関口として、隣国とコミュニケーションしようとする意志を維持し続けなければならないと思う」と話した。

(デジタルニュースセンター、Kin Yukinaoの日本語オリジナル)

READ  Imagica Entertainment Media Servicesに日本初のDTS:X品質管理上映室開場

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close