トップニュース

日本とアメリカ、ミャンマーのデモ隊の暴力を「強力に非難 “

日本とアメリカは先週、軍事クーデターに抗議する人々のために、ミャンマーの警察拡大を「強力に非難」して地元当局が民間人に対する暴力を中断することを要求すると、日本外務省が木曜日発表した。

茂木豊島みつ、日本の外相とアンソニーブルリンケン米国務長官との間の通話で、二人はまた、中国の新しい沿岸警備隊法について懸念を表明しました。この法案は、日本が管理して、中国が主張する東洋の尖閣諸島に緊張を高めることが懸念されます。 中国海。

茂木豊島みつ、日本外相(左)とアンソニーブルリンケン米国務長官を合わせた写真。 (教徒)

今月初め、中国は沿岸警備隊が不法に海域に入ったものと考えられている外国船舶に対して武器を使用することを可能にする議論がされている法案を施行しました。

MotegiとBlinkenは、日本、米国、オーストラリア、インドのクワッドに知られている4つのインドの – 太平洋民主主義国家間の協力を強化し、中国の主張が大きくなる中で、「自由で開放された “地域に向けて着実に努力することで合意した。

外交官の間の電話会談は、ひと月足らず2回目に国との間の密接な関係を強調します。 彼らの最初の電話は、Blinkenが1月26日、国務省を導くという上院議員確認を受けてからわずか数時間で行われた。

最近の交換はまた、ミャンマーで軍事クーデターに反対するデモが続く中出ました。

デモが大規模集会禁止を拒否して、火曜日にその数が数十万人に増えると、警察は警告射撃とゴム弾を発射し、頭に銃を右後生命維持装置の若い女性を含む、いくつかの傷が申告れました。

日本政府によると、モテタイルブルリンケンはミャンマーの状況について深刻な懸念を表明し、ミャンマー軍部が2月1日のクーデター以降拘禁されたアウンサン・スーチーなどの民間の指導者を釈放することを強く促すことで合意した。

この問題について、「私達はずっと緊密に協力する」と国防部は、プレスリリースで明らかにした。

しかし、二人は制裁について議論していなかったと仏の関係者は語った。

すぐに制裁を加える米国に続くより、日本政府は、現在のミャンマーを孤立させると、中国への依存が高まることがあるという懸念の中で、慎重な立場を維持している。

電話数時間後バイデン米大統領は、クーデターを起こしたミャンマー軍の指導者を制裁する計画を発表しました。

Ned Price国務省スポークスマンはMotegiとBlinken間の具体的な会話の内容を明らかにしなかったが、ワシントンは、ミャンマー問題に対する米国の努力が同盟国に知られて「できるだけ一緒に調整できるように」したいと強調しました。

彼は水曜日の記者会見で、「最も近いパートナーは、同じ考えを持った全世界のパートナーと協力する最も大きな影響を与える可能性があり、このクーデターに責任がある人々に最も大きなコストを課すことができます。」と言いました。

READ  すべての2地球の軌道修正 - 毎日の新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close